Amazon販売におけるアカウント停止閉鎖になる規約違反について


torokuword1メールアドレス

お名前

   

Amazon販売におけるアカウント停止閉鎖になる規約違反について

どうも、土山です。

今回は規約違反によるアマゾンのアカウント停止を防ぐために知っておかないと

いけないことについて記載していきますので、

しっかりと確認してそのような事態に陥らないように予防してください。

 

 内容

第1章 Amazon の『規約違反』に要注意

 

第2章 販売による規約違反

(1) Amazon 限定商品の複数購入・販売

(2) Amazon 限定商品の予約販売  

(3) 同人誌の販売

(4)FBA 禁止商品の取り扱い

(5) 並行輸入品を、国内正規品として販売.

(6) 新品の本を定価以外の価格に設定

(7) 無在庫販売

 

第3章 納品時の規約違反

(1) FBA 納品の時、改造した段ボールを使用

(2) FBA 納品の時、重さ 15kg を越える箱は『重量超過』と記載する

 

第4章 商品コンディションによる規約違反

(1) 『中古出品不可商品』に中古商品を出品

(2) 開封済みの商品を『新品』として販売

(3) メーカー純正箱が無い中古品をコンディション『良い』以上で販売

(4) ジャンク品(故障品)を販売

 

第5章 その他の規約違反

(1) 自分のショップの評価の吊り上げ

 

 

目次

第1章 規約違反しないために

転売をしている方の大半がアマゾンにて販売されているはずです。

そしてアマゾンは非常に規約が厳しく、

容赦なくアカウントを停止してきます。

ルールはルールですので、

そのルールを守らないとそのようなことになってしまうのは当然っちゃ当然です。

ただ、そんなルール知らなかったよという場合も出てくると思うので、

あらかじめ知識として頭の中に入れておき、

事前に防ぐようにしていきましょう。

アカウントが閉鎖されてしまうと自分の名義でアカウントを作ることは

実質不可能な状態に陥ります。

転売一本でビジネスを展開されている方に関しては

死活問題ですよね。

自分も数度アカウントを停止されたことがあるので、

そのようなことでお悩みの方は直接連絡してきてください。

 

 

第2章 販売による規約違反

(1) Amazon 限定商品の複数購入・販売

こちらの商品のように『Amazon.co.jp 限定』と書かれている商品は要注意です。

画像

『Amazon.co.jp 限定』商品は一人一個までしか購入することが出来ません。

Amazon.co.jp 限定品というのはプレミア価格になりやすく、

複数のアカウントで2個以上買って儲けを出そうとする人がいらっしゃいます。

ただ、

『Amazon.co.jp 限定』の複数買い

というのは絶対してはいけません。

これをしてしまうと一発でアカウントが閉鎖されていしまいます。

ばれなければいいんじゃないかと思われる方もいるかもしれないですが、

Amazonは恐ろしいもので、

住所やクレジットカードの情報、電話番号、

IPアドレスまでも吸い上げて情報が蓄積されています。

そうなれば、どこかしら共通点が見つかって、

同一人物かどうかということが一発でばれてしまいます。

IPも変えることもできますが、

長期的な利益を度外視して短期的な利益を追う必要は全く持ってありません。

あと注意しなければいけないことは、

購入制限がかかっている商品です。

「お一人様3点まで」などこのような表記があるものに関しては、

その数を超えて買ってはいけません。

 

 (2) Amazon 限定商品の予約販売

予約販売という手法は、

発売日前から注文を受けることができ、

販売数を飛躍的に伸ばすことができます。

 『Amazon.co.jp 限定』の記載のある商品を Amazon で 予約し

発売前に同じように予約販売する事は禁止されています。

amazon 予約商品

Amazon以外の出品者は予約販売しているショップはありません。

予約販売が禁止されているのですが、

知らずに出品してしまうとAmazonから忠告が来ます。

この商品は予約販売が禁止されているという注意書きが出てきていたら、

問題ないのですが、

物理的に出品が可能です。

規約違反をおかしてしまうのと、

おそらくAmazon側から要注意出品者という事で、

ランクづけされているはずので、

そのような事態にならないように注意しなければなりません。

 

 

(3) 同人誌の販売

先日同人誌の販売をしたことがあるショップが

一斉にアカウントを停止させられる事件が発生しました。

自分のショップではそのようなことがなかったので、

難を逃れたのですが、

ここはかなり注意して出品した方がいいジャンルです。

同人誌=海賊版とAmazonの方では判断しているようで、

かなり危険です。

児童ポルノ法に違反する恐れがあるといったことも、

かなり厳しくシビアに取り締まっているようです。

 

SKU削除対策とは?

そのような事態にならないためにSKUを削除することをお勧めしています。

これをすれば100%防げるというものではないので、

あくまでリスクヘッジという観点で聞いてください。

Amazonのアカウント閉鎖・停止ということに関して、

具体的な基準などは発表していませんが、

SKUを削除して商品出品情報を削除することによって、

防ぐことができるケースがあるようです。

SKUを削除せずに残しておくと、

出品停止中であってもその情報に紐付いて、

連絡が来てしまうこともあるようですので、

削除してしまいましょう。

SKU 削除

 

(4)FBA 禁止商品の取り扱い

見落としがちなことですが、使用期限が切れていなくても

使用期限がある一定まで迫っているものに関しては販売できません。

例えばインクですが、

Amazonの規約上、

使用期限まで60日以上残っ ていないと、FBA に出品できません。

使用期限表示があるインクに関しては、 Amazon に見つかると出品停止処分を受けます。

https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/help.html/?itemID=201730840&ref_=ag_201730840_a_r0_cont_sgsearch

上記は、Amazon のヘルプ画面で、「FBA 禁止商品」についてです。

食品系やコーヒーメーカーの付属のカプセルなども気をつけないといけません。

「要期限管理商品」を扱うためにはAmazonが用意しているウェブトレーニングを

受講しなければいけないので、

そのような商品を扱われる際は、

カスタマーサポートに聞いてみることをお勧めします。

 

自己発送に切り替える

上記のような商品をどうしても販売したいとのことでしたら、

FBAに納品せずに自己発送で対応することで、

販売することができます。

こちらに関しては現状規約違反にはならないようですので、

そのような場合は自己発送で対応してください。

 

 (5) 並行輸入品を、国内正規品として販売

並行輸入品の扱いも注意しなければなりません。

下記の画像にもあるように同じ商品でも、

国内正規品なのか並行輸入品なのかで、

カタログが分かれています。

amazon 並行輸入品 日本正規品

 
国内正規品

国内正規品の定義としては、

海外のメーカーの日本支社や正規代理店契約を結んでいる

正規のルートで仕入をしている商品のことをいいます。

当然メーカーの保証を受けることができます。

 

並行輸入品

並行輸入品とは上記の正規のルート以外で輸入されたもので、

国内の保証を受けることができません。

海外で購入して、日本で販売する場合はこの並行輸入品に当たります。

あと海外のサイトで購入して日本に発送された商品なども該当します。

 

見分け方

全商品ではないですが、

国内正規品については日本語の説明書が付属している場合が多く、

パッケージも日本語に訳されているものを多いです。

並行輸入品の場合は英語であったり外国語で書かれているので、

見極める一つの材料としてみてください。

 

 

(6) 新品の本を定価以外の価格に設定

本には再販売価格維持という制度があり、

メーカーの指定する価格より下げて販売をすることが禁止されています。

基本的には新品で出品する際に価格をいじることができなくなっているようですが、

もし操作できてしまった場合は、アカウント停止処分など受けてしまうので、

気をつけてください。

 

 新品の本を定価以外の価格に設定

 

新品であればどんな価格でも販売しても可能ですので、

コンディションを「中古」にしてもらって、

コンディション説明で競合を差をつけましょう。

 

 (7) 無在庫販売

Amazonでの無在庫販売は禁止されています。

海外で販売する際には発送までのリードタイムがあるので、

誤魔化して対応することは可能ですが、

基本的にはそのようなやり方はよろしくないです。

国内で販売する場合、

発送まで時間がかかりすぎたら、

お客様から「どうして?」とAmazonに質問クレームが来て、

調査されてしまいます。

注文キャンセルが続けば、

かなりの確率で停止されてしまうので、

そのような販売手法は取らないようにしてください。

 

第3章 納品時の規約違反

(1) FBA 納品の時、改造した段ボールを使う

FBAへの納品の際にダンボールを加工して納品するとFBA側で受け取り拒否をされます。

少しでも送料を安く済まそうと工夫してもその着払いで一気に費用が上がってしまします。

例えばダンボールを二つつなげてダンボールを大きくしたり、

切って小さくしたりとそのような対応は控えることをお勧めします。

まだ大きなペナルティは聞いたことがありませんが、

そのうち厳しくなるとは思います。

納品のサイズの規定は、

 50cm x 60cm x 50cm 以下、かつ 30kg 以下です。

 

(2) FBA 納品の時、重さ 15kg を越える箱は『重量超過』 と記載

上記のような規約もありますので、

確認してみてください。

重さ15 kgを超える場合、

「重量超過」と記載しなければなりません。

この注意は受けたことがありませんが、

上記のようにしっかりと守っていくように整える必要があります。

注意を受ける前に対応できるようにしていきましょう。

 

第4章 商品コンディションによる規約違反

(1)『中古出品不可商品』に、中古商品を出品

商品の中には中古出品できない商品もあります。

「ドラッグストア」のジャンルであったり、

「ヘルス&ビューティー」であったり、

そちらに該当する商品は中古で販売することが難しい商品です。

基本的に出品の際に新品しか出品できないようになっていますが、

コンディション説明のところに、

「使用済み」のような記載をしてしまうことはやめましょう。

 

(2) 開封済みの商品を『新品』として販売

新品の定義はこちらの記事でも書かせてもらっていますが、

『未開封』かつ『同梱物が全て揃っている』

が正式なコンディションです。

開封済み未使用であったり、新品保証書なしといったものは新品で販売することはできません。

これでよくアカウントを停止にされている人が多いようですので、

仕入る際は注意して仕入をおこしてください。

 

(3) メーカー純正箱が無い中古品を『良い』以上で販売

純正箱が無い中古品はコンディション「可」でしか販売することができません。

中古のコンディションは「可」「良い」「非常に良い」「ほぼ新品」の4種類です。

できるだけ厳しめのコンディションを指定してクレームをこないようにしましょう。

注意しなければいけないことは、

メーカー純正の箱がない場合、コンディションは「可」になってしまいます。

どれだけ綺麗でも、

付属品の欠けがなかったり元箱の状態が良かったとしても、

コンディションは「可」になりますので、

ご注意ください。

 

(4) ジャンク品(故障品)を出品

ヤフオクなどではジャンク品は販売可能ですが、

現状アマゾンではジャンク品を販売することは禁止されています。 

初期不良で動かない場合は仕方がない部分ですが、

最初からそのような記載付きで販売することは、

アカウント停止されてる引き金になってしまうので、

注意してください。

 

第5章 その他の規約違反

(1) 自分のショップの評価を不当に上げようとする

アマゾンにおける評価というものはかなり重要な要素であります。

転換率もさることながら、

カートボックス取得にもかなり重要な要素になるので、

慎重に対応していきたい案件です。

 

具体的には以下のようなことはしてはいけません。

① 自分で自分の商品を買い、良い評価を付ける。

いわゆる自己買いというものです。

自分で購入していい評価を入れるのは、

違反行為です。

これはどんなショッピングモールでも禁止されているので絶対にしないようにしてください。

 

 ②お客さんに連絡し、良い評価をくれれば一部返金するなど、 金品での交渉を持ちかける。

ついやりがちなのが、金品で購入者にレビューを持ちかけることです。

アマゾンのヘルプページでも以下のように記載されています。

出品者は、購入者に評価の削除を依頼することはできます。

しかし購入者からの評価や評価の削除に対し、いかなる特典の提供・支払いもすることはできません。

 

 ③悪い評価を付けたお客さんに対し、評価を削除するよう強 要する。

上記と同じように返金するから悪い評価を消してくれということも禁止されています。

ただ手順を変えれば問題ないとのこと。

悪い評価の削除の催促

金品と引き換えにレビューを消してもらうことは禁止されているのですが、

返金してしまってから

「評価の再考をお願いします」という流れだと問題ないようです。

どうしても削除してもらいたい場合はそのような手順を踏んでください。

 

以上です。

さらに深堀した内容はコミュニティ限定です!

ぜひ覗いてみてください。

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   


人気ブログランキングへ

2 Responses to “Amazon販売におけるアカウント停止閉鎖になる規約違反について”

  1. […] 納品不備でアカウント停止の警告は来たことないので、 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ