Amazonのブランド出品規制強化と対策

OLSP


どうも、土山です!

12月の残すところわずかになりました。

師走でなかなか忙しいですが、

自分のビジネスのために走っていきましょう!

 

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

さて、

今日事務所にいってセラーセントラルを開いたところ、

フラグに赤い数字で「5」と記載されていました。

うわーいやな予感。

これはベテランセラーならいろいろこれをみて考えます。

アカウント停止なってしまったのかなとかいろいろよぎりました。

しかしそれにしても5通もきているなんて少し変だなと思い、

チェックすることにしました。

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ

もう嫌な予感しかしません。。。

いざ開封してみたら、

「カテゴリーのSonyの商品に対し、出品許可の申請を適用することになりました。 」

なんやこれと思い、

全部確認したところ、

自分のところには

Panasonic

Sony

Fujifilm

EPSON

Brother

と立て続けに出品許可が必要なブランドが羅列されていました。

Amazonのブランド出品規制強化と対策

 

他のセラーの方に聞いたところこの他にも該当するブランドがあるという方も

いらっしゃるのである一定の販売量を超えたブランドについて

規制がかかっているのかもしれません。

とにかくかなり販売が厳しくなってきているイメージです。

本当かなと思い商品登録で該当するメーカーの商品を出品しようとしたら、

このような画面が現れました。

Amazonのブランド出品規制強化と対策

 

新しい項目が追加されていますね笑

 

対策

対策に関してはいろいろと考えて問題ないのですが、

出品規制がかかったブランドは一度申請が通れば問題なく出品できるようですので、

該当するメーカーの商品を卸から仕入をして請求書をもらうようにするのが、

一番スマートです。

卸は検索したらたくさんヒットするので、

そこで仕入られるか模索する予定です。

Sonyブランド商品を過去180日間で合計30点以上仕入れしたことが確認できる請求書3通、

または

Sonyブランド商品の出品許可を得ていることを確認する、ブランドの所有者が発行した認可書。

上記のメールが来ていたので審査を通せるように工夫していきましょう!

これからはちゃんとした仕入網があるセラーだけが生き残っていく時代になっていくと

感じましたので、

まだ構築できていない方は急いだほうがよさそうです。

まとめ

先日のメールでは「個人の時代」が到来していますとお伝えしていましたが、

情報発信はしやすくなりましたが、

真の実力を持った人じゃないと生き残れないような時代になりつつあります。

今ことちゃんとしたスキルを身に着け、

時代の流れに合わせた方法を取らないといけないです。

これに関してはコミュニティでも口酸っぱく伝えていますが、

まっとうに取り組んで自分の実力をつけれたものだけが

生き残れる時代になっていくのではないでしょうか。

 

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   

2 Responses to “Amazonのブランド出品規制強化と対策”

  1. […] Amazonのブランド出品規制強化と対策のページへ行く。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ