知的財産権侵害?メーカーからの規制ってどんなもの?



torokuword1メールアドレス

お名前

どうも土山です。

今回は知的財産権侵害などで最近少し

販売が厳しくなっている感じはしますよね?

私のところにも先日Amazonからメールが来ました。

どの商品がメーカーから指摘が来やすいかなども、

コミュニティに共有しています。

情報共有できるって大切ですよね。

それでは本題に移ります。

 

Amazonの商品ページで

カートを取得した!

と思ったのもつかの間

ポイントで挽回されている!なんてことは

よくありますよね。

 

熾烈な価格競争が繰り広げられていますが(笑)

むやみに商品価格を下げることは

誰にとっても結局よいことでないです。

 

誰もが承知している事実です。

 

勝ち残る企業と淘汰されてしまう企業の違い

最近

最近お話しさせていただいたメーカーさんも、

インターネット販売での値崩れには

頭を悩ませているとのことでした。

販売価格が守られているか

各サイトをリサーチ、

違反している販売業者には

是正の要請

シリアルナンバーでの追跡

などなど。

 

どうしても、価格の修正に応じて

貰えない場合は、

直接、該当の販売業者から

商品を購入し、シリアルナンバーなどから

販売元の特定なども行っているとのこと。

地道な活動です。

 

自社ブランドを守るためには、

経費も労力も惜しんでいられないのでしょう。

そこまでしても、二次卸、三次卸までは

なかなか把握できないとのことでした。

裏を返せばうまく売ろうと思ったら売れる

ということですよね。

ただそういう付け焼刃のやり方は長続きしないので、

メーカーの指摘はおとなしく聞くようにしています。

 

悩ましいですが

そして一方、自分たちのような

販売業者の立場も、

悩ましい部分は多々ありますよね。

まず、商品が仕入れられなければ

販売できず、食べていけません。

同時に消費者に購入してもらえなければ

それも同様。

 

定価販売を望むメーカー側

少しでも安い商品を購入したい

消費者。

そのはざまで、最大限の利益が欲しい

販売業者。

 

資本主義社会の定めではありますが(笑)

 

そんな中、どうやって生き残るか。

これはもう、自分たちのような小さな会社は

小さなことからコツコツとしか

ありません。

例えば、

大量ロットを提示してくる先方に小ロットやバラでの取引を要請する

定価販売が条件なら、

ポイント値引きを了承してもらう

購入時の送料をサービスしてもらう

直接取引が無理なら、代理店を紹介してもらう

現金取引が条件の場合が多いところ、

掛け払いを打診する

もちろん掛け率の交渉は常に行う

こちらに関しては、1度仕入れるごとに

確認するくらいの感覚で(笑)

外注さんを社員にしました!

こういった交渉は、こちらの思うようには

進むものではありませんが、

しないよりするべき。

全てのことに言えることですよね。

 

自分もせどりを始めたころは

まさか3年後に、卸やメーカーの方と

こういった交渉をするように

なるとは考えていませんでした。

今は、会社にし社員も雇用し

一企業として、仕入れも販売も

含め経営の責任があると

思っています。

ただ売るだけではない、

その裏に多くの人の生活が

かかっていることを

忘れないでいたいですね。

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ