メーカーも生き残りに必死





どうも、土山です。

今日もメーカーさんと商談させていただきました。

先方いわく、半分お役所のような企業なので・・・と。

お話しをさせていただくうちに、どういうことか認識できましたが。

 

販路を拡大したい

基本的にOEMを受注しているメーカーさんでした。

取引先といったら、一部上場企業または

誰もが名前を知る有名人ばかりです。

こちらは今回、オリジナル商品の1つを取引させていただきたく、

コンタクトをとらせていただきました。

特許も取得しているようなメーカーさんが、なぜ弊社のような

小さな企業、それもインターネット販売をメインにしている

企業と商談の場を設けてくださったか、少々不思議ではありました。

 

私が商談させていただいた担当者はベテランという感じの

営業マンでしたが、お伺いすると転職して2か月!

ただ、自社製品についての知識はもちろん、業界の事情にも

大変長けている方です。

会社の方針で、ここしばらく営業に力を入れていくことになり、

かなり営業マンを増やした背景があるとのことでした。

その一環で、今まで取引先として浮上しなかったような

自分たちのような販売形態をとる企業にも、機会を設けて

もらえたようです。

既存のマーケット以外に進出していかなければという

本気の姿勢なのでしょうか。

取引条件的には、決して甘いものではなくかなり辛い感じ(笑)では

ありました。

さすが、お役所的・・。

 

以前、ロングテール

仕入れの際に利益率が低くても

回転率が高い商品と、回転率が低くても利益率の

高い商品を組合わせていく)

のお話しをさせていただいたと

思いますが、メーカーや卸仕入についても全く同様な

ことが言えると思います。

ただ、ヤフオク仕入れやネットショップ仕入れなどと

違うのは、利益率がメーカーさん主導の掛け率に左右される点

なかなかこちらが主導権を握れる取引はないので(笑)

その点を頭にいれつつ、商談を進めていく必要がありますね。

 

今回の商品は回転率は大変良いものですが、

掛け率はなかなか渋いものでした。

利益率は少々低めですが、

①値崩れがほとんどない

②継続的な仕入れが可能(卸仕入の場合、ここが難しいです)

③取り扱い業者が限られている

この点を加味して商談を進めさせていただくことに

しました。

アタックあるのみ。

今後も継続して営業活動です。

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ