【ネットせどり】ネットせどりとは??


torokuword1メールアドレス

お名前

   

前回は店舗せどりのメリットとデメリットについて書かせて頂きました。

以前の記事はこちら

店舗せどりとネットせどりのちがい

今回はネットせどりについて詳しく見ていきましょう!  

私は基本的にはネットせどりをメインに取り組んでいます。

その理由ですが、

基本的に時間を最小限に抑えるためにネットで商品をリサーチしています。

かつては店舗も回っていたのですが、

利益のとれる商品が見つからないということも やはり発生します。

時間がかなりとられてしまうので現状は控えている状況です。

また時間に余裕ができれば店舗を一気に回る戦略もとっていきたいと思います。  

メリット

  1. 地域の人口、物量などは全く関係ない
  2. リサーチ、価格比較しやすい
  3. RSSを用いたリサーチの作業効率化

デメリット

  1. 競合が多く落札する際には競りがあるので利幅が小さくなる
  2. 交渉がしづらい
  3. 商品が手元にないので状態がわかりづらい

 

メリット

まずメリットですが、 都心では商品物量がかなり多く、

商品も探しやすいですが、

郊外だと店舗間を移動することにすごく時間がとられてしまい、

さらには人口が少ないところには、

比例して商品の数量、種類がやはり少なくなってしまいます。

ネットではそれは関係ないため、

どこにいてもパソコンがあればリサーチ自体は困らないと思います。

実際に出張にいっていてもネットカフェでも作業はできますし、

もちろんカフェに立ち寄って作業することもできます。

リサーチする際にはPCで

モノレート(旧amashow)で確認しながら選ぶことができます。

モノレート(旧amashow)の分析方法

たしかにスマートフォンでもアプリのせどりすとを使うことで確認することはできますが、

画面が小さく正確に判断できない場合もあります。

それは人それぞれで、自分は全然小さくても関係ありません!

という人もいるとは思いますがについては後ほど触れていきますね!  

RSSリーダーを活用したリスト構築型仕入方法

デメリット

デメリットですが、

ヤフオクで仕入れる際は落札しないといけないので、

基本的には夜の10時ぐらいから0時ぐらいにオークション終了時間が集中しています。

その時間には副業でされている方も

リサーチされているのですごく人数が多くなる傾向があるのではないかと思います。

リサーチの本質

あと、 やはり対面販売ではないので、

値切る事や複数購入の交渉がしづらいということがあります。

一番厄介なことが、

商品のコンディションを見れる物は基本的に写真しかないということです。

やはり手元にないと商品の状態を確認できない分、

商品説明と全然ちがうやんけという商品が届いてしまう可能性があります。

新品とほぼ新品は区別する必要がありますよ!

新品商品を扱う際のメーカー保証の考え方は?

オークションを使うと基本的にノークレームノーリターンなので、

泣き寝入りしてしまうこともあるので気をつけたいところです。  

まとめ

ネットせどりのメリット、デメリットを書かせて頂きました!

次回は本当に稼げるの!?!?という問題について見ていきましょう。

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ