転売せどりで卸問屋業者から仕入開拓する際の注意点


torokuword1メールアドレス

お名前

   

スクリーンショット 2016-04-30 15.15.02

現在自分はいわゆるせどりと言われる量販店のセール品や、

ネットショップ、オークション、フリマなどを中心に仕入をしています。

今回は卸問屋業者からの仕入について自分の見解を述べてみたいと思います。

 

そもそも卸業者とは?

スクリーンショット 2016-04-30 15.01.30

卸業者はメーカーと小売業の間に立って、

仲介する役割を果たしています。

商流としては上から下に向かって商品が流れていきます。

転売といったら卸も転売じゃないのかということをいう方がいますが、

商流を確認すると全く違うことがわかります。

 

転売の商流

いわゆる転売といわれるものは小売から仕入をして小売するという形態なので、

一旦水平にモノが流れます。

そして消費者にモノ(商品)をお届けするという流れになります。

三角形のような動きをします。

小売→小売

    ↓

   消費者

のような構図ですね。

ちょっとみづらいかもしれませんが、

このようにモノは動きます。

 

卸業者の存在意義

メーカーが販路を広げるには

小売業に対して営業をしないといけない場合があり、

そのサポートをしてくれるのが卸業者です。

さらに小売業者に対してもどのように販売していったらいいかと

アドバイスもしたりします。

あとは後払いに対応してくれるなど、

金融機関的な役割も果たしてくれます。

 

卸が小売に進出

昨今の流れでは

卸業者がそのまま小売をする形態を取るところが

多くなってきました。

小売の中抜きですね。

小売業者にとったらたまらない行為です。

基本的には小売店と卸の間で暗黙の了解があるらしく、

「卸は小売しないでねー」というような状態になっていたのですが、

卸業者もこのような景気状態になり、

こちら側に進出してきました。

卸が小売した方が一段落抜くことができるので圧倒的に利益が取れます。

 

ざっくりとした説明ですが、

そのような商流になっていることは

理解していただけましたでしょうか?

この流れを理解されているかで卸との交渉でおかしな間違いを起こさないように

なるはずです。

 

卸から仕入れられたら高利益なのか

せどりのメリット

せどりは小売業者から仕入て小売するというビジネスモデルです。

 

せどりのメリットというものは、

あまり他の人は触れていないですが、

広く浅く商品を選定して仕入をすることが最大のメリットということを

理解していない人が圧倒的多数です。

 

中利益高回転の商品をどれだけ販売していくかが

肝になります。

 

高利益で高回転が一番すばらしいですが、

そこまで甘くないので

中利益で且つ高回転の商品を抜いていきます。

 

さらにいうと薄利多売で利益を取るためには

相当な資金が必要になってきますし、

不良在庫を抱えるリスクも上がります。

 

つまり何が言いたいかといいますと、

基本的には資金力が乏しい個人事業においては、

大量ロットで仕入をすることがいかに危険かということを

頭の中に入れておかないといけません。

 

副業でせどりを取り組まれている方は、

本業からのキャッシュがあるので、

資金繰りが専業の人よりも有利ではありますが、

手持ち資金をどれだけ残せているかがとても重要です。

 

資金を増やそうと思うと手取り早いのが融資を受けることなのですが、

これはものすごく話が長くなるので別で書きます。

 

卸仕入をする際の注意点

卸から仕入をしようとすると

ある一定の基準を満たしていないと

そもそも商品を卸してくれるところはあまり多くないです。

 

例えば

①個人事業主には卸さない、

②資本金300万円以下の会社には卸さない、

といったようなハードルがあります。

 

一度知人の方の紹介で

数十万商品取り扱っている卸業者と

関係を持つことがありましたが

明らかに市場価格と同じぐらいでしか

卸してくれない状態でした。

 

個人では買い取れないぐらいの個数を

発注すれば少しは利益の取れるレベルまできたかもしれませんが、

そこまで資金がなかったので不可能でした。

 

仕入の選択肢の一つとして

この記事と読まれている方は、

現在ビジネスを取りくんでいて

よりビジネスを拡大させたいと考えていると思います。

より安定させていくためには卸仕入ということも

頭に入れて行動を起こしていく必要があります。

ただ冒頭でもお伝えしたのですが、

すごく利益が取れる商品というのは本当に稀です。

当然利幅がある商品というものは

回転率が悪かったりしますが、

戦略のひとつとして組んでいくのも悪くないと思います。

例えば薄利であっても多売して

まず評価を多くもらうこともできますよね。

自分達のビジネスの規模を見つめ直して、

動かせる資金に対してアクションは変わってくるので、

仕入先を選択するのは必要です。

商売というのは100円や200円の利益の積み重ねなので、

卸を活用して、ビジネスを加速させていくことも可能です。

 

卸業者のリサーチ方法

卸先を探す方法ですが、

まずはネットで検索をかけてみます。

例えば、

大阪 卸 家電」など

地域やジャンルを検索にかけるといくらでも

企業が出てきます。

そこの業者に対してアプローチをかけます。

そのまま電話しても問題ないですし、

あらかじめメールして確認してみることもできます。

できれば電話のほうが手っ取り早いので

メールをするより直接営業担当に連絡をしたほうがベターです。

仕入先を開拓しようとすれば

いくらでも仕入をすることができます。

 

また一つの手としては

小売業をしている知り合いと

タッグを組んで仕入するという方法できるので

もしそのような状況になったら

周りの起業家さんに声かけてみてはいかがでしょうか?

ロット数をあげることで値引きしてくれる可能性が高くなります。

 

間違ってもらいたくないことで

一番大切なことはどれだけ悲観的に分析するかが

非常に大切です。

ネガティブシミュレーションをしなければいけません。

 

売れ残って不良在庫になってしまったら利益が吹き飛んでしまいます。

 

卸の紹介

おそらく多様されている方が多いかもしれませんが、

参考までに紹介させてもらいます。

 

①中部商事

スクリーンショット 2016-04-30 18.10.30

 

 

②MARUZENトーイドットコム

スクリーンショット 2016-04-30 18.11.12

 

③堀商店

スクリーンショット 2016-04-30 18.11.59

 

④トキワ商事

スクリーンショット 2016-04-30 18.14.57

 

⑤株式会社大国屋の通販サイ

スクリーンショット 2016-04-30 18.13.38

 

このように検索してみると多くの卸業者が出てきます。

 

まとめ

ステージを上げるには

小さなことでも経験を積み重ねていかなければいけないので、

是非アプローチしてみてください。

 

メルマガとコミュニティではさらに深い内容のお話をしています。

是非登録してみてください。

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   


人気ブログランキングへ

3 Responses to “転売せどりで卸問屋業者から仕入開拓する際の注意点”

  1. YMS より:

    そういう仕組みがあるんですね。
    とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    • tsucchy3 より:

      コメントありがとうございます!

      様々や手法がありますね。

      稼ぎ続けるためには人と同じことをしていたら

      いずれ稼げないようになっていまいますので

      是非念頭においてアクションおこしてみてください^^

    • tsucchy3 より:

      YMS様

      コメントありがとうございます。

      卸仕入に関しては注意すべき点はあるものの、
      仕入対象から外すのはもったいないので、
      リサーチ対象にされるのをおすすめ致します。

      さらに具体的な情報を提供していくので、
      またご覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ