Amazonがせどらーの全アカウントを停止する日


torokuword1メールアドレス

お名前

   

Amazonがせどらーの全アカウントを停止する日どうも、土山です。

今回はAmazonがせどらーを追放していくかもしれないということについて話していきたいと思います。

 

リスクは拭えない

法改正によりせどりが違法になってしまった

Amazonで正規の仕入先の証明書を提出しないと販売できないようになってしまった

せどらーのAmazonアカウントがAmazonスタッフの誤操作により停止になった

・・・・ ・・・・

どれもこれも想像したらぞっとしますし、

そうなってしまったら路頭に迷う人もかなり増えるはずです。

今では自分はリスクヘッジして収益の柱を何本か構築していますが、

そのような状態になってしまう方っていうのは毎日知らないうちにストレスを溜め込んでいるのではないでしょうか?

 

転売って違法なのか?

今後せどりはどうなっていくのか?と問われた時、

あなたならどう答えますか?

不安でガンガンいけないという方は

まずはメルマガを熟読してもらってコミュニティに参加してください。

きっと不安は払拭されることと思います。

せどりについて復習ですが、

小売業から仕入をして販売するという商流です。

基本的に小売業というものは売買契約を結んで仕入をして販売します。

これが、横から仕入をするか、縦に仕入を行うのかという違いです。

よく転売ヤーがうざいとかせどらーが店を荒らすなど、

言われる所以は、その仕入方法によります。

だからせどりってアンダーグランドなイメージを持たれます。

 

せどりってアンダーグランドなイメージ

仕入れするお店(実店舗・ネットショップ)の運営規約上は 転売・再販禁止とハッキリ言っているからです。

規約を確認してもらったらその記述は発見できると思います。

それなのになぜ仕入することが可能なのか、、、

現在は法律違反ではないですが、条例違反、それがせどりのビジネスモデルです。

再販行為で法律で規制されているのはダフ屋だけですが、

個人せどりをしている間は、

永遠にアンダーグラウンドで生きることになります。

これはどうしようもないことです。

ただこの状況から脱却するための唯一の方法が、

私のチャットワークのグループや個人コンサルでお伝えしている法人化やビジネスオーナーモデルの状態になることです。

法人にすることによって、仕入先を直接取引で売買契約を交わしたりすることができます。

こうなってくると、

店舗でひたすら検索をかけたり、アウトレットをひたすら検索かけたりすることもなくなってきて、

時間を担保することができます。

契約を結べたら、在庫が薄くなってきたら発注をかければいい状態に持っていくことができます。

これが個人が脱せどりを達成する唯一の方法です。

 

これでアンダーグラウンドな状況を打破できます。

ただ忘れてはいけないことは、

このアンダーグラウンドな状況は経験しておくべきであると個人的には思います。

いきなり法人化して契約取りに行けますかという話です。

まずはビジネスの流れをしっかりと習得するためにも

個人でできるせどりと言われる転売手法はとっておくことはとても重要だと思います。

 

転売のメリット

小売業だと言っても、

一般的に事業を運営している小売業は、

利益率は3%から5%程で推移しています。

もちろんかなり資金力を持っているので、そのような販売方法を取っても運営できるんですが。

一方で弊社がとっているような手法は、

売れる商品しか仕入ないですし、

在庫やデッドストックというものは限りなく少ない販売方法を取っています。

かなり効率はいいはずです。

さらに利益率で言えば、低くても10%から15%ぐらいには着地するはずです。

ただここで気をつけなければいけないことは、

一般の小売業に比べて利益率が高いからと言って安易に利益率を落として、

販売する手法をとることはおすすめしません。

やはり個人でする以上、ある程度利益率は確保しなければならず、

10%をよしとすると後々大変なことになります。

詳しくはコミュニティで話させてもらっていますが、

ここはこだわった方がいいですね。

 

amzonは果たして個人せどらーを排除するのか

今現在、結構グレーな手法をとっているセラーもかろうじて販売できている状態ですが、

今後は何が起こるかわかりません。

先日同人系を扱っているセラーが一斉摘発を受けました。

これはAmazonの勘違いにより、ほぼ復活できたらしいですが、

何かの前兆にも感じます。

昨今、ショッピングモールの規制や変化が著しく、

かなり厳しくなってきているのはないかと思っています。

実際に、片手間でせどりや転売をしている人が多いので、

セラーの常識を逸した運営により、健全に運営しているせどらーさんまでもが

危険にさらされる可能性はかなりあります。

これから可能性として考えられるAmazonが施してくるであろう施策は、

<新規アカウント作成時>

・自社HPやネットショップURLの提示

・開業届や法人登記簿謄本を求められる

<商品納品時>

・FBA納品時に仕入先納品書の添付(ネットショップ不可)  

・価格を黒塗りにして、毎回納品毎に出させる

といったこともなきにしもあらず。。。

ただこれをチェックするには膨大な時間と労力、人件費がかかるので、

自動化できるまでは実施はされないと思います。

さらには個人出品者の売上もアマゾンにとっては結構インパクトがあるはずですので、

いきなりそのようなことはないでしょう。

 

これを読んでも安心できない方は、

もっと、私のブログやメルマガを読んで勉強をするか

手っ取り早いのは、私の無料コミュニティに参加をして

同じように成功を夢見る仲間たちとネット上のチャットワークで情報交換しながら

みんなでシナジー効果を発揮して成長することが良いでしょう。

 

以上です。

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   


人気ブログランキングへ

One Response to “Amazonがせどらーの全アカウントを停止する日”

  1. ふみ より:

    宜しくお願いします\(^o^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ