今後、せどりでは知的財産権系の通知が増える見込み


OLSP



torokuword1メールアドレス

お名前

どうも、土山です。

最近の出来事ですが、

知的財産権侵害系の連絡が多いです。

出品アカウントについてのお知らせ

というパフォーマンス通知が来るのでドキッとします笑

その詳細についてお話します。

 

Amazon.co.jp 出品用アカウントについてのお知らせ

げ!

これが件名にメールが来ていたら恐れおののきます。笑

最近立て続けにこのメールが来たので、

詳細を見ていきます。

 

※以下引用です。具体的な商品名は控えます

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、

誠にありがとうございます。

このたび出品者様の商品について、

以下の権利者より商標権を侵害しているとの申立てがありました。

Amazon.co.jpでは、出品者が商標権を侵害する商品を出品したり、

商品詳細ページを作成したりすることは認められていません。

本Eメールの末尾に記載されている商品の出品を

キャンセルさせていただきましたのでご了承ください。

この商品の出品を再開するには、権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

権利者のご連絡先情報は次のとおりです。

— 株式会社●●●●
— eigyou@●●●●.com

権利者が申し立ての取り下げに同意した場合は、

notice-dispute@amazon.co.jpまで申し立ての取り下げを

お知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

申し立ての対象となった商品が権利者の商標権を侵害していないと思われる場合は、

補足情報を添えてnotice-dispute@amazon.co.jpまでEメールでお知らせください。

権利者が申し立てを取り下げない場合、

または出品者様より必要な情報をご提供いただけない場合、

権利者の要請に応じて出品者様の連絡先情報を提供する可能性がありますので、

ご了承ください。

当サイトは知的財産権の侵害を深刻に受け止め、

現在、出品者様のアカウントの審査を進めさせていただいております。

出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、

直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがあります。

詳細については、

セラーセントラルヘルプページの「知的財産権とその他の権利の侵害」を検索してご確認ください。

権利者よりご連絡のあった商品は以下の通りです。
—————————————————
ASIN: ●●●●
—————————————————
侵害の種類: 商標権
申し立て番号: ●●●●

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

このようなメッセージを頂きました。

えーこの商品メーカーからちゃんと仕入しているのにな。。。

と思いながらも対応しないと出品キャンセルされているので、

仕方がなしに対応することにしました。

 

商標権の侵害って?

まず商標権侵害って何??

と思って以前いろいろと調べました。

正直固い言葉で書かれている記事ばかりでしたので、

よくわかっていなかったのですが、

かみ砕いてみると、

おそらく、

メーカーがちゃんと卸してます!

という販売者(もしくは認識している)以外は

販売してはいけないということです。

つまり正規のルートで仕入していない、

もしくは販売許可していない販売者は

「あなたうちの商品販売していいって許可してませんよー」

「それってルール違反ですよー」

だからAmazonに連絡して出品取り下げさせていただきますね。

という流れです。

※あくまで個人的な考えですので間違ってたらすみません。。

 

 

 

対応方法について

まずはメーカーに連絡します。

「御社から仕入させてもらっている商品が

Amazonで出品キャンセルされたのですが、、、」

と伝えます。

そしてAmazonでの販売店舗名を合わせて伝えます。

卸業者から仕入をした際は、

メーカーにちゃんとしたルートから仕入していますよって報告します。

そしてメーカーからオッケーが出たのち、

notice-dispute@amazon.co.jp

に連絡メールを送ります。

その時の注意ですが、

メーカーからもちゃんとAmazonに伝えてもらうようにしましょう。

そして規制が解けた後にこのようなメールが送られてきます。

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび再確認のご依頼をいただいた件につきまして慎重に審査した結果、

以下の商品について出品再開の手続きを行いましたので、ご報告いたします。

ASIN: ●●●●
申立て番号:●●●●

これで一安心!

本当にひやひやさせますよね。

今後はこういう対応が増えてくると思います。

 

特にサロン系の商品はメーカーの規制が厳しいので、

あまり積極的に販売しないほうがいいです。

カスタマーのメッセージを使って、

「御社の販売されている●●という商品は許可していないですよ」

ってきます。

縦に積んでいる場合はとても面倒なことになるので、

そんなことにならないよう、

ちゃんと証明できるようにあらかじめ対応できるようにしておきましょう!

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   

2 Responses to “今後、せどりでは知的財産権系の通知が増える見込み”

  1. aika より:

    初めまして。
    私もせどりをしています。
    メーカーからのメッセージが時々くるので記事を拝読させていただいたのですが、このようなアマゾンを通して正式に連絡がくる場合、メーカーに連絡をすれば、すんなり「販売していいですよ」となるものなのでしょうか?
    何かコツがあれば教えていただければと思いコメントさせて頂きました。

    • tsucchy3 より:

      初めまして。ブログを読んでいただきありがとうございました!
      すんなりとはなかなかいかないものです。
      そういうメーカーさんがいたらそれでは直接契約してくださいと持ち込んでもらったら、
      許可してくださるところもあるので一度トライしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ