せどり転売初心者が売れない・仕入れ出来ない4つのポイント


torokuword1メールアドレス

お名前

   

1

今回は初心者がつまずくポイントについて解説していきます。

 

私もそうですが

他のせどりを実践されている方々も当然初心者の頃があったわけで、

最初からイキナリ今の状態で実践出来ていなかったわけです。

 

今でこそ、月商600万円を超えて、

月収も100万円を超えるようになってはきていますが、

最初は自分も超初心者の時がありました。

 

いろんな方に指導させていただいていて、

そこでよくつまずかれるポイントをまとめてみたので

4つ紹介させていただきます。

 

1. 仕入ができない

最初は誰もが通る道です。

私も散々「仕入できへんやん!」って思うことがありました。

なぜ仕入れることができないのでしょうか?

 

母数の少なさ

まずは母数の少なさが原因です。

よくコンサルを受けたりすると行動量が足りないという言われたりすることがあります。

確かにそれも一理ありますが、

アクション量を増やすことによって解消されるのかというとそういうわけではありません。

こちらの意味はただがむしゃらに取り組めばいいということではなく、

仮説をしっかりと立てて行動することを指します。

がむしゃらに行動していても、

創意工夫しなければ永遠に同じことを繰り返すことになってしまいます。

 

物の見方を変える

要は物の見方を変えるということ。

 

少し踏み込んだ話になりますが、

例えば季節物を販売したいと考えたとします。

 

12月にピークが来る商品であれば、

12月に仕入をすることは辛うじてできるかもしれませんが、

かなり薄利になってしまいます。

そんな商品はいつ仕入をすると良いのでしょうか?

9月に仕入たりすると仕入の際の値が高騰しておらず、

高利益で抜くこともできます。

あらかじめ想定して早めに仕入を行う逆張りというやり方です。

 

逆に冬物であればなんとか2月の中旬ぐらいまでは

売り抜くことができるので、

ライバルが仕入ない季節の終盤に仕入れて

競合が少ない状態で販売することができます。

 

こういうように他の人がやらない方法をとることで

利益を取ることができるようになります。

 

あとはその経験をストックして

他の商品を仕入れる際にその経験を使って仕入れることができます。

このストックというものがものすごく大切です。

結局はどれだけ情報と経験を蓄えていくかが勝負になってきますね。

 

 

ジャンルを絞っていない

あとはジャンルを絞っていないパターンもよく見受けられます。

私は最初家電のみを取り扱っていました。

 

理由は簡単で、自分がとっつきやすかったということ。

ですので、

最初は必ず取り扱いジャンルを広げず選択と集中して

リサーチを行っていくようにして下さい。

 

2. 売れない・売れても利益が残らない

仕入れができたら次に生じる問題は、

思ったように売れない!ということです。

売ろうと値段を下げた結果、結局損切りとなってしまい仕入れとトントン、

もしくは赤字で販売してしまったという相談をよくもらいます。

この場合以下の様な原因が考えられます。

①楽観的な仕入れ基準

②想定売価の設定ミス

③商品コメントの不足

④ライバルとの販売競争

大きく分けて前半2項目の仕入部分で予防できる要素で、

後半2項目の販売部分で予防できる要素の2パターンに分類されます。

原因があって結果として問題が生じてしまうので、

だいたいの問題は予防することができます。

 

①楽観的な仕入れ基準

自分の仕入基準を設けて仕入をされていると思います。

ここでの基準がしっかりとしていないと、

仕入をしたものの売れ残ってしまったり、

赤字で資金を回収しないといけなくなってしまいます。

 

②想定売価の設定ミス

想定売価の設定ミスとは、

この価格で販売できるであろうというラインが甘買った際に、

競合が出品してきて結局思っていた価格で販売できない状態になってしまうということです。

 

①②に関しては仕入の段階で、

しっかりと見極めることで、

予防できるものですので、

一度仕入のラインをしっかりと引き直すことをお勧めします。

私自身仕入の想定利益率なども1日1日細かく設定して、

行っています。

 

③商品コメントの不足

出品する際に商品の説明文を記載しなければいけません。

新品でもこのコメントはしっかり記載したほうがもちろんいいです。

中古であれば写真も付け加えることもできるので、

ここのライティングはとても重要です。

箱の状態であったり、

付属品の有無も記載されたほうがいいですね。

ちょっと面倒ではありますが、

そのように他の人が面倒がることをやることで、

差別化をすることができます。

 

④ライバルとの販売競争

出品していると競合も出品してきて、

価格競争になる場合があります。

そんな時に非常に大切なことは価格改定をこまめに行うことが

一番効果的です。

これを自分でやるとなるとかなり時間がかかってしまいます。

私も途中までは手作業で改定していたのですが、

ツールの改定回数には勝ることができず、

今では価格改定は自動化しています。

長期的に在庫として持っていても良くないので、

早めに在庫をキャッシュに戻すことを心がけて取り組んでください。

 

3出品・梱包作業のやり方がわからない、面倒くさい

最初のうちは初めてのことをするので、

ワクワクしている状態で、

何を取り組んでいても楽しく感じるものです。

 

ただルーティンワークを通して完了するものについては

どんどん仕組みを作って自分の時間を確保していかないといけません。

 

そこで考えなければいけないことは、

自分の時給換算をするということ。

 

これは賛否両論あると思いますが、

ビジネスをするということは自分がビジネスオーナーという訳なので、

生産効率をあげなければいけません。

 

このような単純作業は手伝ってくれる人に依頼するか、

そのようなサービスを提供している企業があるので、

そこに外部委託していくことによって、自分の時間をあけることができます。

 

一連の流れを理解するために最初は自分で取り組むことをおすすめしますが、

大事なことはリサーチなので、

そこに全精力を注げるようにしていきたいものです。

 

4資金管理がちんぷんかんぷん

資金管理についてはマストで身につけないといけないスキルです。

よく言われる黒字倒産などは在庫過剰に悩まされてそのような結果になってしまいます。

 

いけいけどんどんは必要ですが、

そのような守りもしっかり固めていきたいですね!

 

ちなみにですが、単月で月商300万円とか月収100万円とか

いうことが多いですが、

結局その月に寄せることで、2ヶ月分を計上することもできますし、

例えば、それを代々的に押し出している物販コンサルタントなどを

見極める上で必要なことはしっかり継続的に物販で収益をあげられているか

ということを見た方がいいですね。
話を戻しまして、

物販において理解しておかないといけない項目は、

仕入価格、販売価格、販売手数料、あとは仕入・販売における必要経費です。

 

最低ここを押さえておくと大きくずれることはありません。

 

こちらも人にお願いすることはできますが、

最初は自分でやってみて、どういう流れかを掴む必要があります。

そうじゃなければ指示することもできませんしね!

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス

お名前

   


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ