ツイッター(Twitter)140文字で人に響く文章を書くには

ツイッター(Twitter)140文字で人に響く文章を書くには


torokuword1メールアドレス

どうも、土山です。

今回はツイッターのマーケティングについて

解説していきます。

 

ツイッターは140字しか書けない

皆さんもご存知の通りツイッターは140文字以内で、

情報発信することができるツールです。

 

140文字しかかけないという制限がある中、

どのように伝えることができるかということが

非常に大切になってきます。

 

このライティングが肝になってくる訳で、

僕も以前はbotツールにブログのURLを貼り付けるだけの

とてももったいないことをしていました。

 

この140字という決して長いと言えない文章で、

人に伝えることが必要ということです。

 

多くの人がそこまで意識していない部分を

丁寧に構築していくことでそこだけで差が生まれるということです。

 

大多数の人がコピーライティングをないがしろにしているので、

そこを攻めることで圧倒的な結果を残すことができます。

 

ブログであれば、

文字数の制限がない分、

ある程度話がずれてしまっても、

最後には伝えることができる可能性が高いですが、

ツイッターでは

1つの文章、1つの言葉を丁寧に対応していかなければなりません。

 

そして反応率を上げていくためには、

人の心を揺さぶるものである必要があります。

 

ただこの揺さぶるということもテクニックです。

このスキルは鍛えられますし、

僕もブログを書き始めたときは書くことすら苦手でした。

 

鍛え上げれられる部分ですので、

コピーライティングって何ぞや!

と思っている人も知識としてまずはインプットしてもらえたらと思います。

 

 

ツイッターユーザーの特性

ツイッターでは情報が流れるように

タイムラインに投稿されていきます。

なので、情報を細部までインプットするというよりも、

移動中に読んでみたり、

待ち時間に読んでみたり、

寝る前にスマホでチェックしたり、

といったように、

暇つぶしの程度の感覚でチェックしていると言えます。

 

まずはこの特性を理解しておかないと、

いくら良い文章をかけたと思っても、

スルーされてしまうのがオチです。

 

お菓子を食べたいのに、

お米を差し出されるようなものです。笑

 

直観的に反応してしまうコピー

まず下記のコピーを見てください。

1日5分聞き流すだけ―スピードラーニング

吸引力の変わらないただ一つの掃除機ーダイソン

一目で義理とわかるチョコーブラックサンダー

・・・・etc

おなじみのキャッチフレーズです。

これを見た瞬間、

言葉自体がすっと入り込み、

口ずさんでしまいそうになりますよね。

 

しかも全く「難しいフレーズ、単語」を使わずにです。

そのようなコピーのほうが印象に残ります。

 

つまりそういうコピーこそ、

より反応を上げることにつながります。

 

感覚に訴えられるものを作っていかなくてはならないです。

 

直接売り込んでいくものとは全く違います。

逆にそのようなコピーはあまり心に残らず、

印象に残りづらいという訳です。

 

今回はここまでです。

またシェアします!

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です