相乗り出品のメリット・デメリットについて

今回既存の商品の相乗りのメリットとデメリットについて解説していきます。

相乗りとは?

まず相乗りについてですが、私としては相乗りはメーカー様の商品を取り扱わせていただき、その商品を販売していく手法になります。

例えば大塚製薬や資生堂などの大手メーカー様の商品を取り扱わせていただくことも相乗りに当たります。

と考えるとだいたいの小売が相乗りになってしまいますね。もう少しミクロにみるとAmazonに既存のカタログがあるかどうかで相乗りか否かという場合があります。

中国輸入であればノーブランドであっても既存のカタログがある商品に出品する事をいわゆる「相乗り」と言われます。

また欧米輸入でも平行輸入品を販売することは相乗りに当たります。すでに販売者がいるのでそのような位置づけになります。

こういった商品は価格競争に巻き込まれてしまうので慣れてきたら対策を講じていかなければなりません。

独占的に販売する方法

こうした価格競争に巻き込まれないためにも、独占的に販売できるような状態に持っていかなくてはなりません。他の人が販売できないようなひと工夫することが大切です。

欧米輸入であれば、日本代理店の契約を結んで、他の販売者に取り扱わせないようにしたり、中国輸入であればオリジナル商品を製造するという手法が有名です。

このように商品を独占的に販売することができたら薄利ビジネスから少し抜け出した状態を作ることができます。

OEM製造

その1つの方法として先ほども申し上げましたがOEM製造で他社と差別化していくことが可能です。

OEMというと中国のイメージしかない人も多いと思いますが、国内でもできます。化粧品関係であれば10万円ぐらいからできますので是非やってみたいところですね。

そもそもOEMとは商品の一部を変更して自社のオリジナル商品化を行う方法です。既存の商品にロゴマークを入れてみたり、カラーやデザインを変更して作ることができます。

中身は一緒のことがほとんどです。

少しハードルが高いな、、、と感じる人も多いと思いますが、まずはお手軽にできる「簡易OEM」という手法で販促の練習をすることをお勧めします。

簡易OEMとは?

簡易OEMでも立派な自分のブランドを作り上げることができます。

例えばロゴマークをプリントして貼り付けてみたり、セット商品を作ってみたり、、、思った以上に簡単に作ることができます。

例えばアリババから仕入した商品に自社の名前が入ったラベルマークを貼り、独自の説明書をつけて作り、Amazonであれば新規出品ページを作り、JANコードを付けて独自商品を出品することができます。

例えば、「メガネ+メガネケース」や「スマホケース+クロス」などでオリジナルのセットを生み出すことができます。

「歯ブラシ+歯磨き粉」でトラベルセットや、同一商品を2個、3個とセットを作ることも可能です。やり方は無限ですね!

ただ簡易OEMでは相乗りはされづらいものの、相乗りができてしまうシステムなので独占しやすいというイメージで取り組んでみてください。

また簡易OEMで使う、ラベルシールやOPP袋は中国では日本の10分の1で購入できるようですので、仕入商品と一緒に代行業者に送ってもらうのも一つの手ですね^^

いきなりOEMは難しいので簡易OEMから挑戦してみましょう!

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください