アマヤフ!の料金&レビュー・評判と6大独自特典

アマヤフ!

どうも、土山です。

今回は多モール展開で、外すことができないヤフーショッピングヤフーショッピングの自動化について解説していきます。

 

コンテンツ

ヤフーショッピングとは

この記事を読んでいる方は、Amazonで販売されている方が多いのではないでしょうか。

日本の3大ECモールであるAmazon、楽天、ヤフーショッピングの一つであるヤフーショッピングですが、以前にもまして売れやすくなってきています。

僕も運営自体はまだ2017年の12月時点で、9か月目ですが、Amazon程売れませんが、少しずつ売上が上がってきている状況です。切り崩すべき山ですので、まだの方は販売の準備をしてください。

 

 

ヤフーショッピング出店メリット

①手数料が安い

まず他のモールと比べて圧倒的に手数料が安いです。これがヤフーショッピングの魅力でもあります。手数料については下記のサイトに詳しく書かれています。

https://brain-trust.jp/ec_j/prop_mall.html

楽天は一件手数料がやすく見えますが、楽天スーパーポイントなど様々な費用が掛かりますので、やはり一番ヤフーショッピングが手数料が安くて、こちらとしてはかなり嬉しいショッピングモールです。

(参照:https://brain-trust.jp/ec_j/prop_mall.html)

 

②Amazonと違う層の顧客を獲得できる

モールごとに顧客層は異なります。

  1. Amazonを利用する人だったら明日には商品が手元に届いて欲しい人
  2. 楽天だったら楽天ポイントをTポイントを貯めたい・使用したい人
  3. ヤフーショッピングだったらTポイントを貯めたい・使用したい人

・・・etc

このように属性が違います。一番いいのは全モール出店して販売していくことですが、最初はやはり費用はおさえたいもの。なので先ほど申しました、手数料が低くて売れやすいヤフーショッピングから販売していくことが大切です。

 

③メルマガを構築することが可能

Amazonとちがい、ヤフーショッピングは購入者にむけてメルマガを送信することができます。メルマガを発信することでリピートを促すことができるので、販売を促進することが可能です。

このように顧客に直接アプローチすることが可能なのは特にリピート商材を扱っている方は今後の戦略として大切になってきます。

④販路が拡大する

1つのモール販売に頼っていたら、非常にもったいないのです。販路が拡大することにより、社会的信用も獲得することもできますし、精神的にも安定してきます。ここの売上が下がっているけど、こちらのモールでは順調だからトータルでオッケーということになります。

⑤キャッシュフローが安定する

販路を拡大することで、販売機会を損失していた商品を捌くことができます。僕自身他のモールで売れ残っている商品を売れるので、在庫回転率が上がって、迅速にキャッシュ化することが可能です。メリットこれだけで販売する理由になります。

 

デメリット

①発送の指示まで自分でやらないといけない

 ECモール運営で一番時間が取られる受注から発送を自分でやらないといけない部分です。AmazonのFBAを使用すれば、発送自体は自動化できますが、マルチチャネルの対応などは自分で行わないといけません。外注化することも可能ですが、やはり人にお願いするとミスが起こることがあります。

そういったところが煩雑になってしまうので、その仕組を作り上げないといけません。

②審査がそこそこ厳しい

出店するにはモール側の審査が必要になります。まず審査が通らないと販売することもできないので、そこの審査を通す必要があります。最近は出店数の目標が達成されたのか、出店しずらい状況になっているようです。まだ出店されていない方は、早めに対応されることをおすすめします。

③受注から発送までのフローが面倒

販路を広げると在庫管理も大変ですし、お客さんから注文処理や、発送完了メール(フォローメール)などもかなり大変になります。そこがネックでなかなか販売が上がってこない原因になります。

 

全自動併売システムアマヤフとは?

Amazon・Yahoo!ショッピング全自動併売システムのアマヤフ!というツールがあります。こちらは僕自身お世話になっているツールなのですが、こんなに簡単に併売することができるのかと最初とても驚きました。

下記がツール説明の引用です。

Amazon × Yahoo!ショッピング併売に必要なあらゆる作業を

“ほぼ全自動”で完結させる最強のオールインワンパッケージ

Amazonセラー向け、Yahoo!ショッピング販路拡大ツール

無駄な作業コストをかけずに「売上」「利益率」「在庫回転」「キャッシュフロー」を

最大化するソリューションをご提案します。

 

アマヤフのメリット

①出品作業を2クリックで完了させられる

アマヤフはAmazonの情報をベースにヤフーショッピングに商品を2クリックで行うことができます。画像を見ていただきたいのですが、左のAmazon取得ボタンをクリックして、ヤフー出品/更新ボタンを押すだけで出品が完了されます。

 

②自動出荷依頼

面倒な受注から発送までを完全自動で行ってくれるシステムです。基本的にはAmazonのFBA納品されている商品を併売するのがもっとも効率的です。自分で発送したい場合は個別に設定することができます。

 

③在庫連携がされている

一番煩わしいのが在庫連携です。Amazonとヤフーショッピングに出品していて、Amazonで売れてしまったことを忘れていて、ヤフーでも売れてしまって、キャンセルしないといけないということもあります。

これに最初とても頭を悩まされました。アマヤフはしっかりと在庫も連動してくれるので、在庫の出し入れをしなくても済みます。

 

④価格改定ができる

価格改定も備わっているので、手動で価格を調整する必要もありません。自分で調整したほうがいい時もあるので、こちらは僕としては補助的な位置づけです。

 

⑤メール自動送信機能

受注メールを送るのも結構面倒なものです。開店して最初は自分でやっていたのですが、とてつもなく時間がかかりました。こういったことも対応してくれる機能が搭載しているので、とても楽です。

 

⑥手厚いサポート

サポート体制もかなり盤石でして、スタッフの方が迅速に対応してくれます。結構ですね、サポートが手薄のツールが多いですが、質問したら回答してくれるのはとても助かりますね。

 

デメリット

①月額がかかる

ツールの使用費用で、14,800円/月かかります。

もしかしたらこれで高いと思われる方もいらっしゃるかもしいれませんが、正直安すぎます。ツールなので24時間勝手に働いてくれますし、24時間対応してくれるスタッフを雇用することは不可能です。

外注するにも先ほども申し上げましたが、ミスが生じてしまったりします。30日計算でいくと一日500円ほどで自動化することができます。

仮に、100万円売れるのであれば、利益率が20%と仮定して、20万円自動的に利益があがり、且つ、費用はツール代だけだとかなり安いです。※別途マルチチャネルの発送費はかかります。

そして他の在庫システムは基本的に従量課金されます。3万ぐらいは他のツールだとかかってしまうので、開発者の方はとても親切です。

 

②現状他のECモールに対応していない

現在対応しているのは、ヤフーショッピングのみです。もしすでに楽天などに出店している人は、そこの在庫管理から発送対応ができないので、物足りなさを感じるかもしれないです。

Amazon一本で販売している人は、まずはアマヤフから導入していくほうが良いです。開発者の方によると、今後楽天などの他のモールも機能を実装するそうなので、そのあたりは期待しています。

 

③1000SKU以上は別途費用が掛かる

1000SKUまでは上記の月額分で済みますが、それ以上追加すると費用がかかるようです。ただなかなか1000を超える方はいらっしゃらないと思うので90%の人は月額で収まります。

 

 

FAQ

ヤフーショッピングのみの出品はできますか?

Yahooのみ出品機能について、以下の点改修しましたのでお知らせいたします。

(1)Yahoo出品ページ販売価格に加え、在庫数も更新可能な形に改修しました。

(2)アマヤフ内で、Yahoo出品ページにおける現在の在庫数を把握できるよう改修しました。

 

他のモールにはいつ頃対応されますか?

2018年に予定・検討している事は主に以下です。

・楽天市場への対応

・アマヤフユーザー用自動発送物流倉庫の提供開始

・その他、アマヤフの改良(Yahoo最安値表示機能など)

 

ヤフーショッピングだけ出品したい商品はどうしたらいいですか?

Yahooのみ出品機能について、以下の点改修されたようです。

(1)Yahoo出品ページ販売価格に加え、在庫数も更新可能な形に改修済み

(2)アマヤフ内で、Yahoo出品ページにおける現在の在庫数を把握できるよう改修済み

アマヤフ!Yahooのみ出品機能

 

納品日を設定したいのですが、、、

開発者さんからのアップデート情報です。
ご参考までに!

—————————————————————————————-
これまでアマヤフ!で作成した自己発送出荷分の商品ページについて、納期情報(例:1~3日で発送)が記載されませんでしたが、この度納期情報を自由に設定・変更できるようにアップデートいたしました。
※Yahoo!ショッピングは、ストアクリエイターPROにて自ら設定した発送日情報管理番号に基づき、商品毎に納期情報を設定できます。

アマヤフ!ログイン後、「設定」→「その他設定」→「Yahoo! ショッピング発送日情報管理番号設定」にて番号を入力可能です。
また、アマヤフ商品管理画面にて商品毎に発送日情報管理番号を設定可能です。

発送日情報管理番号は以下の手順で新規採番可能です。
ストアクリエイターPROトップ「ストア構築」→「カート設定」→お届け情報設定画面にて
画面下部「追加」をクリック→「日数指定」欄に発送日となる数字を入力(例:1~3日)→「設定」ボタンを押す(発送日情報管理番号が作成されます)

納期情報を入れていない商品ページについては、低レビュー取り消し申請の対象外となりますので、特に自己発送商品を多く扱われている方はご対応をお勧めいたします。

ヤフーショッピング納品期限情報 ヤフーショッピング発送日時について

 

独自6大特典について

①ヤフーショッピング売上アップ方法の教授

商品は出さないと始まらないですが、ヤフーショッピングはAmazonと違い、少し売り方が異なります。その販売サポートを1か月無料で僕自身が対応します。ほぼコンサルみたいなものです。

これだけでかなりの価値があるので、喜んでもらえると思います。

 

②上流仕入指南書の概要部分の一部抜粋をプレゼント

大人気教材の上流仕入指南書の概要部分を一部プレゼントします。これだけで新しい気づきがあると思いますので、あなたのビジネスのお役に立ててください。

 

③物販自動化・組織化マニュアルの一部抜粋をプレゼント

こちらも好評の自動化・組織化マニュアルの一部抜粋をプレゼントします。物販は稼ぎやすい半面とても作業工程が多くなります。その作業をどのような考え方で出していくかということを教材から学び取ってください。

 

④出店簡易サポート

ヤフーショッピングに出店できないという声をよくいただきます。僕なりに知っていることをお伝えしますので、そちらもサポート致します。

 

⑤ヤフーショッピングの情報交換チーム参加権利(SNS)

アマヤフの開発者の方が運営している情報交換グループに招待します。こちらに参加していただき、生きた情報を収集してください。

 

⑥僕が運営する100人規模の情報交換チーム参加権利(チャットワーク)

定期的にオフ会を開いています。

先日は忘年会も行いました。情報交換できるコミュニティには参加されているほうがいいです。

 

 

詳細とお申し込みは下記のバナーをクリックしてください。

上記の特典を受け取りたい方は下記のリンクから申し込みしていただいた後、チャットワークに申請して教えてください。

特典を配布します。チャットワークは(ID:keishiro720) もしくは(名前:土山敬士朗)で検索してください。

 

まだヤフーショッピングの出店をされていない方はこちらをクリック!

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!
PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数


期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆


物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。これだけしていただければ独立していただくだけの収益はあげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です