Amazon輸出する際に現地荷受人を経由したFBA納品をする方法

Amazon輸出する際に現地荷受人を経由したFBA納品をする方法について解説していきます。

現地の荷受人に依頼

直接Amazonの倉庫に納品できないの?と誰もが思います。ただAmazonのガイドラインでは「海外からAmazonのFBA倉庫に直接商品を納品しないように」と記載されています。つまり国内の事業者であれば直送はもちろん可能ですが、Amazonは海外からの直接納品は受け付けないですよーということです。

その背景には、海外からの荷物を受け取るとインポーターになってしまうという事です。インポーターになると、受け取る際に、関税などの支払いが発生する可能性があります。

つまり私たち日本人がFBAに納品しようと思ったとき、基本的にはアメリカ国内の拠点で荷物を受け取ってもらい、FBAに送るという流れになります。

セラー→現地荷受人(関税の支払い&荷物のチェック)が転送→FBA倉庫

アメリカでの荷受&転送は業者もたくさんありますし、個人でも対応してくれる人もいるようです。私は基本的に業者にお願いしています。個人にお願いすると安い場合も多いと思いますが、荷物の持ち逃げや破損等起こってしまうとトラブル対処で時間がとられてしまうので、業者の方が安心です。

転送会社

TNK Logisticsは納品代行もおこなってくれる業者です。料金も良心的で、元が商社さんなので、国際発送も他よりも強い業者さんです。

私は今こちらの業者と契約していまして、これからもこちらの業者さんを使用させていただく方向です。

登録自体は無料なので、一度お話を聞いてみるのもいいかもしれません^^

また他の業者としては、スピアネット、Ashmart、智創株式会社などの転送会社も存在します。

納品代行業者についてはまた別の記事で記載します。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください