Amazon(アマゾン) レンディングという融資の審査基準・金利と仕組み

amazonレンディング

どうも、土山です。

 

今回はAmazonレンディングという融資のサービスについて見ています。

先日アマゾンのセラーセントラルでいつものように作業をしていると、右側の入金金額の下に、

 

スクリーンショット 2016-08-02 21.30.27

 

このような表示がされていました。

何のことかわからなかったので、調べてみました。

 

アマゾンレンディングの仕組みは?

amazonとショップだけの信用で資金を援助してくれるというものです。

このサービスは一昨年から開始したようで、

自分の周りにはまだ使用したという話は聞いたことがありません。

上記の写真の例としては、上限670万円まで6ヶ月資金を貸してくれるというものです。

返済は月一回売上から引かれる形になります。

詳細をアマゾンのページから引用させていただきますね。

Amazon レンディングの詳細はこちら

「Amazon レンディング」ご利用のメリット

1. 簡単なオンライン手続きでタイムリーな資金調達が可能
初回のお申し込みは、ローン入金まで最短で5営業日で完了します。さらに、2回目以降のお申し込みは、手続きのプロセスが簡略化され、最短で3営業日にローンが入金されます。
また、販売事業者のビジネスの成長を支援する為に、必要とするタイミングでタイムリーに仕入資金などの調達が可能です。
2. シンプルな返済手続き
販売事業者の売上が決済されるAmazonのアカウントより、毎月自動引き落としされます。
3. コストの軽減
早期弁済時の手数料はかかりません。その際は、金利コストをおさえることができます。
4. 最大5000万円までの融資額
ご用意できる融資額は最大5000万円までと高額融資が可能です。

「Amazon レンディング」短期運転資金型ローンの商品概要は以下のとおりです。

「Amazon レンディング」短期運転資金型ローン
【商品概要】
ご融資対象: Amazonマーケットプレイスでのビジネスにおいて実績のある法人の販売事業者
ご融資額: 100,000円?50,000,000円
ご融資利率: 8.9% から 13.9%(年率)
返済の方式: 元利均等返済方式
返済期間及び返済回数: 3ヵ月(3回)/6ヵ月(6回)
資金使途: Amazon.co.jp内Amazonマーケットプレイスでのビジネスを更に拡大、成長していただくため
遅延損害金: 20.0%(年率)

法人名:アマゾン・キャピタル・サービス合同会社
貸金業登録番号 東京都知事 (1)第31494号
【お問い合わせ先】 amazon-lending@amazon.co.jp

 

審査基準は?

担当の方とお話ししていたのですが、審査基準はある一定の基準を満たしている店舗とのことでした。

明確な基準など教えてくれる訳がないと思いながら、ダメモトで聞いてみたらそのような回答をいただきました。

 

金利と借入期間・担保は?

弊社では4.9%と表示されていました。

担当者によるとそこの金利は変動するのとのこと。

上記のアマゾンレンディングの紹介ページでは8.9%と記載されていたので、それよりかは弊社に提案していただいている金利は安いものになっています。

ちゃんと販売できている証拠と少しばかり胸を張っていけますね笑

担保は必要なく、Amazonとセラーとの関係で成り立っている契約です。

 

信用協会に情報はいくのか?

これですが、経営していると結構大切な部分です。

様々な金融業界はこの信用協会の情報をもとに、融資であったりローンであったり、クレジットカードであったりを発行する基準としているからです。

担当者によると、これはアマゾンとショップとの信頼関係の上での貸し借りなので、そこには情報は記載されないとのこと。

これはこれから事業を大きくしていく上で、とても大切ですよね。

ただ決算や試算表を提出したら一発でバレますが。。

 

個人・個人事業主でも申し込めるのか?

基本的に法人に声をかけているとのこと。

現状個人事業主はサービスを使用することはできないらしいです。

ただ今後は法人にしていないませんが、優良なショップさんにも使用できるサービスになるかもしれないですね。

 

手続き・申し込み方法はどういうもの?

申込方法

上記の写真にある詳細はこちらというものをクリックすると、申し込みページが出てきます。(キャプチャを忘れてしまいました。。)

そこでは金額と期間を選択でき、代表者の連絡先を入れて、申し込み完了です。

ものの3分ぐらいで手続きが完了して、一旦審査になります。

その審査も3時間もかからなかったと思います。

その次に必要書類をアップして完了です。

amazonレンディング

アマゾンさんとの信頼関係を築くために少しばかり借りてみることにしました。

普通の融資に比べると、20分の1ぐらいの労力で借りれますが、計画的に資本を投下していこうと思います。

 

残高の確認方法

ローンの残高はペイメントで確認することができます。

そちらで支払った金利や残高が確認できますので決算や確定申告の際はそちらをプリントアウトしておきましょう。

 

 

実際にamazonレンディングを使ってみた感想

実際に使用させてもらったのですが、正直にお伝えするとあまり必要性を感じませんでした。

やはり6か月という短期スパンだとなかなか運転資金に回しづらいという部分がありました。

 

楽天やヤフーのレンディングは存在するか

楽天には「楽天スーパービジネスローン」と「楽天スーパービジネスローン エクスプレス」という融資制度があるようです。

ヤフーショッピングでもそのような融資制度があるようです。

出店企業に融資するのは貸し手からしても貸倒リスクが少なくなるので、やりやすいのかもしれないですね。

 

 

事業を拡大していきたい!と考えている方は他人資本を効率よく使って、売上を上げ、利益をさらに拡大していく必要があります。

事業融資を満額受けるための事業計画と対策でまとめていますので、そちらもご参考にしてください。

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください