Amazon輸出の販売で注意しなければならないこと

今回はAmazon輸出の販売で注意しなければならないことについて解説していきます。

輸出禁制品・輸出規制品を確認

まず輸出ができる商品を取り扱いしないと処理が面倒ですのであらかじめインプットしておいてください。

  • 日本からの輸出禁制品
  • 日本からの輸出規制品
  • 販売国の輸入禁制品
  • 販売先の国での輸入規制品

「日本からの輸出禁制品」と「日本からの輸出規制品」についてはJETROに問い合わせすることで確認することができます。輸出する国で取扱出来る商品かどうか不明な場合は、あらかじめ取り扱いを中止するか、販売国の税関に事前に確認するようにしておきましょう。

JETROはこちら

こちらから各国の税関のリンクが記載されています

食品関連

食品関係の商品を輸出したい場合は、まず厚生労働省医薬食品局の許可を取得する必要があります。また輸出先の国でも輸入規制をクリアする必要があります。こちらも外務省や各国の食品医薬局であらかじめ確認しておいてください。

動植物関連

海外では人気の盆栽も許可が必要です。動植物関係も要注意です。

高性能な電子機器類

高性能な赤外線カメラやGPSは軍事に技術転用を防止するために、該非判定をしないと輸出できない場合があります。カーボンシャフトのクラブなども対象にされている場合があるので注意です。

知的財産権を侵害品

コピーや海賊版の商品を売ってしまったら大変なことになってしまいます。特に中国製品を欧米に輸出する差には注意してください。

化粧品・医薬品

日本の化粧品や目薬などの医薬品関係の商品は確かに海外ではとても人気です。ただこちらの商品も輸出するには許可が必要になります。さらにはバイヤーが使用した後にトラブルになるケースもあるので、こういう商品の取り扱いには注意が必要です。

電化製品

コンセントを使用する商品については、電圧の問題があります。日本の電圧は100Vですが、アメリカは110~120Vなど国によって電圧が異なります。

日本:電圧100V 周波数50~60Hz

アメリカ:電圧110V~120V 周波数60Hz

ヨーロッパ:電圧220V 周波数50Hz 

ただすべての商品が使用する際に変換器を必要とする訳ではありません。パソコンや携帯は幅広く電圧に対応していますし、形状が合えばそのまま使えます。

商品説明に記載したり、変換プラグと一緒に販売することによって販売をしていくことが可能です。

乳幼児用の製品

乳幼児用の製品は、誤飲や衛生上の問題で販売には注意しなければいけません。販売には注意が必要です。

平行輸入を規制している商品

日本のメーカーの中には、海外で正規販売点を持ち販売を委託しているところも多いです。そうしたメーカーや海外販売店は平行輸入をして安く出品しているセラーに対して訴訟を起こそうとするケースもあります。

この場合は販売停止にして在庫処分という対応方法が一番無難です。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください