中国輸入で売れている商品を見つける方法

今回は中国輸入での商品リサーチ方法について解説していきます。

リサーチ方法

リサーチ方法としては大きく分けて2パターンです。

  • Amazonで指定のキーワードを検索していく
  • セラーリサーチで効率的に検索していく

このパターンを押さえたら商品を見つけていくことが出来ますので、効率的に商品を見つけていってください。

Amazonで中国輸入品を検索する

欧米輸入では「平行輸入品」などを検索して商品を見つけていく手法がありました。中国輸入では「ノーブランド品」「中国製」「激安」などのキーワードで検索を進めていきます。

それではノーブランド品を検索にかけていきましょう。

このように検索結果が表示されます。もう少し商品を絞り込みたいというときは、左ナビゲーションのカテゴリーを絞りこんでいきましょう。そしてひとつひとつ商品を絞り込んでいきます。

keepaで確認したところ、かなり売れていますね!売れているので仕入対象にしてもらっても良いかと思います。

ねらい目ジャンル

中国輸入業者がよく取り扱っている商品ラインナップとしては、

  • アパレル・アクセサリー(メンズ・レディース・子供服・コスプレ)
  • スマホ関連グッズ
  • LEDライト
  • ペット用品
  • 工具

等です。

このあたりをまずリサーチするのが効率的ですので上記の中から興味のある商品来ナップから開始してみてください。

セラーリサーチを行う

さらに効率良く商品を見つけていくためには競合が扱っている商品からリサーチをかけていく方法です。

「新品の出品」という個所をクリックしますと、この商品を扱っているセラーが表示されます。

このように取扱セラーが表示されますのでこちらの店舗をリストアップして、セラー内をリサーチしていく方法も取れます。

こちらは欧米輸入のリサーチ方法と似ている部分があるのでこちらの記事もご参考にしてください。

欧米輸入の効率的なセラーリサーチ方法

価格帯

商品価格についてですが、中国輸入の場合はとても単価が下がります。その分利益率がいいのですが、販売数量を増やしていく方向になります。

仕入単価も小さいので仕入の失敗はリスクがとても小さいです。もし販売できないようになったら破棄してもらったほうが他で処分するよりも費用対がいいぐらいのものです。

仕入基準としては、

  • 粗利が50%以上のものを選定する
  • 国際送料は1キロあたり500円ぐらいで計算する
  • 10個程テストで仕入してみる
  • 販売価格は2000円以上のみ抽出

ぐらいのイメージで基準を決めてもらい、商品を選定していきましょう。

仕入の際に注意する点

こちらの記事でもご紹介させていただいていますが、輸入する際にはインポーター(輸入者=あなた)が全ての責任を負うことになります。

  • ブランド品
  • キャラクターグッズ
  • 医療品・化粧品(薬機法)
  • ベビーグッズ(食品衛生法)
  • 電話法に該当する商品(Bluetooth等)
  • ヘルメット(PSC)

上記の商品には取り扱いを注意してください。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください