GDTの法則で9つの欲求を刺激する方法

今回は、コピーライティングの基礎知識のGDTの法則を使って欲求を刺激する方法について解説していきます。

GDTの法則とは?

GDTの法則は、マイケルフォーティンが提唱した法則で、人間は9つの欲求を満たすものを人は欲するという事です。それらの欲求を刺激することによって人をうまく動かしていきます。

主にコピーラインティングで有効と言われていますが、私生活にも使えそうな法則ですね!

GDTの法則は大きく分類して3つあります。Goal・Desire・Teazerの頭文字をとってGDTとなります。

G:Goal:人が最も追い求めている3つの目標

  • Time 時間(時間をかけたくない)
  • Effort 努力(努力をしたくない)
  • Money お金(お金を稼ぎたい・節約したい)

Timeのファクターですが、人は誰しも最短で目標を達成したいと考えています。

例えば、

この方法を使えば遠回りせずに初月から30万円を稼ぐことができます

Effortのファクターはできることなら努力せずに達成したいということです。簡単に達成したいものですよね。

例えば、

寝ている間にも変わりに作業をしてくれるシステム

Moneyのファクターですが、できればお金を使いたくないと思うものです。

例えば、

この知識さえあればもう他に購入する必要なありません

D:Desire(欲望)

  • Greed 富や名誉・貪欲さ
  • Lust 愛・美・性
  • Confort 快適性・悩みや苦痛がない状態

Greedのファクターは他の人よりも優れていたい欲望をっ持っています。そのために富や名誉を欲っして社会的に認められたいと考えています。

例えば

このノウハウがあればトップ5%に入ることができます

Lustのファクターは、男性はモテたいであったり性欲を満たしたいという欲望を持っています。また女性であれば美しくありたい、愛されたいと考えています。

例えば

前沢社長がモテる10個の秘訣

一生きれいでいることができる体のメンテナンス方法

Confortのファクターは、悩みごとのない生活を送りたいと望む人間の心理です。

例えば

サラリーマンの不自由な生活から脱出する7つの方法

T:Teazer(本性)

  • Scarcity 希少性
  • Curiousty 興味
  • Controvesy 反社会性

Scarcityのファクターは希少性のあるものが気になるという心理です。

例えば

あと24時間で完全に消滅します

Curioustyのファクターは好奇心をかき垂れられるものが気になるという性質です。

例えば

今まで公開されなかった●●テクニックとは

Controvesyのファクターは、過激なものが気になってしまうという心理です。

例えば

人生を変えたくない人は絶対に見ないでください

G→D→Tの順で欲求が強くなる

人はG→D→Tという順にどんどん欲求が強くなっていきます。人の心を動かすためには、9つの欲求を出来る限り多く盛り込む必要があります。

最後のTについては、人間の本来備わっている原始的な欲求と言われています。

この欲求を刺激することによって人を動かすことができますので、常に意識してみてください。

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください