ギミックタイトルで開封率を上げる!付け方と注意点

今回は、ギミックタイトルで開封率をアップさせる方法について解説していきます。

ギミックタイトルとは?

ギミックとは普段とは違った形で興味を引くことをいいます。

ギミックはちょっとした仕掛けの意味。製品やサービスの宣伝で利用される興味を引かせるための仕掛けをいう。ギミックは珍しいあるいは不自然な言葉でユニークさを示すことが可能。直接メッセージとは関係しない見出しや絵を用いたりする。アテンション(注目)させる一種のテクニック。※DBM用語辞典の解説

メルマガにおいてよくギミックを使うのはタイトル部分です。タイトル部分でギミックを使うことで読者に刺激を与えて開封させるテクニックの事です。

まだ●●やっているんですか?

●●しているのは終わっています

これをギミックタイトルと言います。

ギミックタイトルのメリット

ギミックタイトルを使用すると、開封率が上がります。今までメールを開封してこなかった人も刺激することができるので、復活させることもできますね!

ギミックタイトルのデメリット

下手すると信用残高を一気にマイナスにしてしまうこともあります。うまくフォローを入れないと優良な読者さんもいい気持がしないです。

少しリスクはありますが、効果的なので月に1回ぐらいは導入されてもいいかもしれません。

信用と落とさないためのテクニック

タイトルがかなり刺激的になっているので、このまま文章を進めてしまうと、読者はとても嫌な気持ちのまま途中で離脱するか、最後までいってしまうか、即解除されるか(笑)になってしまいます。

問題提起に入る前に先に、ネタばらししてフォローをしておきましょう。あなたではなく他人事としてもいいですね。

「訴えますよ」

「この前、商標権を取っている商品が完全にコピーされたので弁護士を通して訴えようと思います」

などタイトルで刺激して、冒頭部分であなたとは違うとフォローをいれていくことが必要です。そのあたりはうまく組み立ててください。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください