せどりで使用する配送業者比較

どうも、土山です。

それでは、今回は配送業者比較についてお話します。 まずこちらをご覧ください。

720pの高画質再生・倍速再生は再生後に動画右下の歯車マークから変更できます。

 

 

配送業者比較

配送業者比較

 

配送業者はいくつかあるので、 使うであろう主要な業者を羅列してみました。

まず大口契約というものがそれぞれありまして、郵便局や佐川、ヤマトなどは 月締翌月払いという契約ですることができます。

普通にインターネットで掲載されている料金よりやすくなる場合があるので比較してみてください。

特約の取り方については簡単に次の項目で説明させてもらいます。

次にFBAパートナーズキャリアの料金はみると正直そこまで利用する価値は小さいのではないのかと思います。

なにも契約とか結びたくないという場合は 箱ブーンで発送するのが一番安いですね。

3辺160センチという規約だけあるのでそこだけ気をつけてもらったほうがいいですね。

ファミリーマートとヤマトが提携していて、ファミマ定員さんが手続きをしてくれるので箱ブーンに関しては重量を量られることは稀ですのでいやらしい話し少しごまかすことも可能です。

なので最初の段階で発送量がまだ少ない場合は箱ブーンが一番やすくなるので是非使ってみてください。

配送業者比較

 

FBAに送る量が増えてきた場合、もしくは多チャネルで販売していて自己発送に切り替えたい場合、などは業者と契約を結ぶほうがやすくなってきますし、融通もきくようになるので そちらの方法を取られることをお勧めします。

まずは相見積もりをとって料金を比較することです。

まずは最寄りの運送会社さんにまず集荷してもらいます。

これから定期的に発送があるので契約を考えているのですが、どれくらいの価格になりますか? とセールスドライバーに聞いてみましょう。

これを各業者で見積もり書をもらうことです。

基本的に月に30個以上発送することが規約になっているのですが、あくまで目安なので これから配送量が増えていくので大丈夫です!といっちゃいましょう。

すべて見積もり書揃えてから 価格交渉に移ります。

コピーをとっておきましょうね。

例えば佐川さんはこの金額ですが、ヤマトさんはどうにかならないですかね。

といったように数字を見せながら交渉することが必要です。

すると一回持ち帰らせてくださいと言って会議にかけられてその金額でいけるかどうか判断してくれます。

一度契約をとるとずっとその金額でいけるので安心ですね。

このように工夫しながらうまく経費を削減していきましょう!

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください