販売時に注意しなければならない法律関係

今回は知っておかないと知らないうちに違反してしまっている人もいる法律関係についてお伝えしてきます。こちらを遵守しないと販売停止処分等を受けてしまうことになるので注意してください。

PSE法(電気製品安全法)

PSE法とは電気製品安全法のことを言います。

電気製品による火災や感電などからエンドユーザーを守るための法律です。電気を使う商品を海外から仕入して販売する際には注意が必要です。

PSE法では対象となる商品が「電気用品」として定められています。

電気用品安全法の対象・非対象について

平行輸入品でもPSEマークがない商品を販売することは法律違反となります。

電波法

電波法は主にBluetoothやWi-Fi危機などに関係する法律です。日本国内でで無線機を利用する場合には、その機器が電波法にもとづいた技術基準適合証明を受けなければなりません。

技術基準適合の証明などを受けた機器には下記のような技適マークが付与されます。

薬機法

薬機法とは、化粧品や医薬品、サプリなどが主な対象となる法律です。これはかなり厳しいものですので注意が必要です。

海外のサプリは人気ですので、個人で輸入されている方も多いと思いますが、その商品をそのまま転売してしまうと法律違反になってしまうので注意が必要です。厚生労働大臣の許可があれば販売できるみたいですがハードルが高すぎですね。。

体に入れるものや塗るもの等は気を付けなければいけません。

扱わないほうが吉ですね。ただ他の人が扱えない商品を扱えたら儲けることができるので、そのあたりを突破できる人は挑戦してみてください。

特許権

(1)特許権とは、特許を受けた発明を権利者が一定期間独占的に実施することができる権利であり、財産権の一種です。 このような特許権を得るためには、発明の内容を記載した書類を願書とともに特許庁に提出し、審査官の審査を受けて特許査定を受ける必要があります。

つまり新しい発明などのことを言います。特許は独占的な権利ですので、注意が必要です。

著作権

著作権は著作者に対して付与される財産権である[2]。著者は、著作権(財産権)を、他人に干渉されることなく、利用する権利を持つ[4]。例えば、小説の著作者(作者)は、他人に干渉されることなく出版、映画化、翻訳する事ができる。

従って、著作権(財産権)のシステムが正しく機能している場合は、出版社などが得た収益を、後進の育成と採用への投資(育成費)に充当できる。これにより、アマチュアからプロへと進む際のハードルも低くなる。また、各分野での世代交代が活発化する。

しかし、著作者の合意(許諾)を得ていない他人が、その著作物を広く世間に発表(公表)すると、著作者は、生活するために必要な収入を失い、「執筆」「作曲」「映画製作」などの仕事(創作事業)も継続できなくなる。この、他人による著作者の財産を盗み取る行為が、著作権の侵害である。

著作は小説や音楽等に加えてコンピュータープログラムやデータベースなども保護の対象に含まれます。作った時点で権利が発生することで他のものと少し異なります。

商標権

商標とは、主に商品やサービスにつけるマークの事をいいます。商標権は10年ごとに権利を更新し永久に保持することが認められています。新しくブランドを立ち上げたい場合は、商標をチェックすることができるサイトがありますのでそちらでチェックしてください。

意匠権

意匠とは、主にデザインのことをいいます。

意匠権(いしょうけん)とは、新規性と創作性があり、美感を起こさせる外観を有する物品の形状・模様・色彩のデザインの創作についての権利をいう。意匠法で規定された産業財産権で、権利期間は登録設定から20年(日本国内の場合、意匠法21条。以下意匠法は条数のみ記す。)。

 

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください