正規輸入品と並行輸入品の違いを理解する

今回は「正規輸入品」と「並行輸入品」の違いについて解説していきます。

輸入には「正規輸入品」と「並行輸入品」という2パターンあります。この違いを理解していないと大変なことになってしまいますので注意してください。

正規輸入品とは?

正規輸入品とは、海外のメーカーから直接仕入した商品、正規代理店や直営店から仕入した商品の事を言います。日本国内に正規代理店が存在することも多く、正規輸入品については保証やサポートを受けることがほとんどです。

平行輸入品とは?

平行輸入品というのは、正規代理店以外から仕入した商品の事を言います。違法と思っている人もいますが、全くもって合法ですのでご安心ください。

海外の有名ブランド品などを海外の直営店や、正規代理店、アウトレットや免税店から第三者が仕入をして日本国内で販売する商品を平行輸入品といいます。

海外にバイヤーがいて、日本にその商品を送り、日本国内で販売している業者も多いですが、正規代理店からの購入ではないので保証を受けられない可能性もあります。

販売する際はそのあたりは注意しなければいけませんね。

復習しますと、上記の図のように正規代理店を経由する流通が正規輸入品。青の矢印の流通が平行輸入品となります。

平行輸入品は正規輸入品よりも安価で手に入ることができるので消費者であるエンドユーザーの購入意欲も高いです。

保証に違いが出る

先ほども書きましたが、アフターフォローに差が出ることがあります。非正規品として扱われることがあるので、保証を断られる場合があるので販売&購入する際には注意が必要ですね。

プラットフォームでの販売規制について

Amazonでの販売で注意しなければいけない点は、間違っても正規品のページで出品しないことです。

Amazonでは統一されたカタログで販売するので、平行輸入品を間違って確認不足で出品してしまうこともなきにしもあらずです。

商品名に「平行輸入品」と記載しないと消費者が正規輸入品と勘違いして購入してしまい、保証などを受けることができない場合、トラブルになってしまう可能性があります。

商品説明部分にも平行輸入品という記載はしておいた方が良いです。

Amazonの規約に反してしまうとアカウント停止のリスクもありますので、平行輸入品の取扱には十分に注意するようにしましょう。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください