【せどり】転売ビジネスは飽和状態していて稼げないのか!?

どうも、土山です。

1月ももう最終日ですね。

決められた目標は達成されているでしょうか?

またちがう日にも目標の立て方の自分なりの見解を述べたいと思いますので、

楽しみにしておいてください笑

本日はよく言われるせどりはもう飽和していて稼げないのか!?

という話をめっちゃされるので、

そこについてお話していきたいと思います。

 

飽和状態なのか?

一昨日にあるビジネスパートナーとお話をしている中で出てきた話なんですが、昔5年前ぐらい自分もオークションで価格をリサーチして売れる商品を販売していました。

けれでも競合が増えてきてどんどん利益率が下がってしまったんで、このビジネスモデルでは生き残っていけないと思いましたね、、、、

この方はオークションビジネスで稼ぐ方法を取られていたみたいです。

ただ私も今転売ビジネスをしていて、月70万から80万(まだまだ少ないですが、、、)の利益を出せているという現状。

なにが言いたいかといいますと、

同じやり方、同じ商品でしていると稼げなくなるのは当たり前ですよね?

そら競合も増えますよね?

そんなに長期的に稼ぐことって無理ですよね?

それが可能ならビジネスはじめた人は、ずっと稼ぎ続けるという非現実的な話になります。

つまり、 販売チャネルを増やすとか、仕入の方法を変えるとか、単純に扱えるジャンルを増やすとか、そういう工夫をしないと稼げなくなるのは当たり前です。

日本の大企業でもそうですよね。

円高になると輸出ビジネスは大打撃を受ける、かの有名なトヨタでもそういう事態に陥っていたのは記憶に新しいです。

ちょっと大きな話になりすぎましたが、転売ビジネスに関して自分なりの回答は、

販売チャネルを増やす

仕入のジャンルを増やす(扱える商品を増やす)

ということになると思います。

本当に飽和状態というのは全ジャンルの商品データを抽出してきて、それでも 月に利益で10万円とかしか利益がとれていない状況になっているという場合には そういえるかも知れませんね。

せどり=ブックオフで古本仕入れる という考え方をされている方がもしいらっしゃったらそれは本当にビジネスのビの字もわかっていない人間ということだと自分は思います。

せどりに関しては本当にビジネスの原則原理の商売ですし、安く仕入れてマーケットで適正価格で販売するビジネスの基本です。

このことはしっかりと理解した上で商売すると 楽しくなってきます。

さらにはここから派生するビジネスも生み出すことができるので、そのことに関しては追々記載していきます。

ちょっと熱が入っちゃいましたけど、それだけおもしろいビジネスであることは間違いないので、

何かに挑戦したいと思われている方には転売をオススメしたいです。

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください