落札価格の相場を調べる!オークファンの使い方


どうも、土山です。

今回は商品の相場、落札相場についてシェアしていきたいと思います。

基本的にオークションの落札相場を調べる時に使うツールは

オークファンというサイトをみて調べます。

オークファンサイト

 

平均的な相場はどうか

オークファンで調べたい商品の型番を調べたときに、レフトナビに平均価格というものが出てきます。

最高値が高かったり、最安値と平均値がかなり離れていたりする場合はありますが、それは気にせず、平均価格を参考にしてください。

時折、オークションのつり上げで高値になる商品があったりするので 無視するということです。

なぜここでオークファンを出したかと言いますと、ここでの平均価格とAmazon市場の価格との乖離はないかということをリサーチするためです。

価格差があればオークションから商品をひっぱってきて、Amazonに販売すればいいということです。

このように、商品を探してもらって、リストとして残しておけば、いちいちその商品をリサーチする必要がないのでスピード感が上がります。

転売に関してはいかにその情報を持てるかが勝負の分かれ目になってきますので、頭の片隅に入れておいてください。

 

横展開!

応用編ですが、仮に商品が見つかり、出品されている方の他の商品も確認してみます。

要は、その出品されている方は他のマーケットと比較せずに商品を提供されているので、同じ出品者が出品している商品に関しても、利幅がある商品が見つかる可能性が高いです。

オークションサイトには、出品者にアラート機能がついているので、その出品者が新たに商品を出したらメールで知らせてくれる機能があるので、そのようなものをフル活用してリサーチ時間の短縮をはかってください。

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!
PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数


期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆


物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。これだけしていただければ独立していただくだけの収益はあげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です