副業せどりで確定申告は必要?やり方わからないなら税理士に任す!

 

最近、税金関係の質問がやたら増えてきたので、僕なりの見解をまとめて見ました。

 

せどりや転売で確定申告は必要ですか?

まずこちらの質問から回答させてもらうと、利益が出ていれば後々のことを考えると確定申告はしたほうがいいです。

国税庁のホームページを確認すると

1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

※こちらの国税庁のHPで詳しく書かれています

と記載されています。

 

おそらくこの記事を読まれている方はもうすでに副業で収益をあげていると思います。

これは年間の所得に当たりますのでさらに私のブログを購読されている方は優秀な方ばかりですし、大体の人が該当するはずです。

上記の条件に該当する方はちゃんと確定申告で納税する方がいいです。

確定申告するメリットは他にもあるので後述します。

 

税金の知識は必要か

物販をしていると税金関連の知識は必要不可欠です。

税金の勉強をしていたらきりがありませんが、どれだけ手元にキャッシュを残しておかないといけないか仕入にどれくらい回すことができるのかというある程度の知識がなければ話にならないです。

なので最低限の知識は備えておく必要があるかもしれません。

 

9800円でこのようなものもあるみたいなので、参考書として1度購入されるほうがいいかもしれませんね!

せどりに特化した税金セミナー

申告する際に、レシートを残しておくのか、領収書を残しておくのか、はたまたどんな売上管理画面を残しておくかなど、必要な知識はありますので、無駄な税金を払わないように心がけましょう!

 

確定申告のメリット

ちゃんと確定申告した際のメリットですが大きく分けて3つあります。

社会的信用が獲得することができるので融資を受けやすくなる

様々な手続きが申告しないより楽になる

しっかりと期間比較することができる

別に私は国税庁の回し者ではありせんが、申告はしないととてもビジネスをやりづらい状態になってしまいます。

 

社会的信用が獲得することができるので融資を受けやすくなる

物販をしている人の中には、資金繰りがあまりよろしくなく、自分の資金でしか運用できていない人が多いです。

私自身、融資は受けていますし、金融機関のお金を上手に運用しながら利益を得ています。

 

融資を受ける際には、新規事業としてまだ運営していない段階以外は、自分の事業の成績表を提出しなければいけません。

そのときに申告していないとなると融資を受けることが困難になることは目に見えています。

 

様々な手続きが申告しないより楽になる

同じような話になりますが、新たしい事務所を借りたい!と思ったときも個人事業主の場合、なかなか賃貸させてくれないことがあります。

実際に自分も個人事業主の際は、このハードルを飛び越えることに苦労しました。

どうやって自分という人間に信用をつけることができるかを考えたときに、真っ当に取り組まないといけないことがわかりました。

 

しっかりと期間比較することができる

ちゃんと数値を出すことができていれば、前年比較など、事業の成績をすぐに分析することができます。

例えば前年の費用がこれぐらいだったのに、今期は少し増えているからこれは無駄に増えているからなのかなど比較することができます。

このように数値を比較することで、自分のビジネスが健全かどうかを診断することができます。

特にこれは日々の運営に必要不可欠ですので、しっかりと癖づけしてもらいたい部分です。

 

 

税務署はネットビジネスをしている人間を狙っている

利益これぐらいだからいいや!と思っていたらよく確定申告の前までは、「これぐらいの利益なら自分でつけてしまえ!」と思って実際に申告の手続きを始めてみるとまったくわからない。。。

という状況になったり、「これぐらいの利益なら申告しなくても、、、、」と魔がさしてしまったり、、、もうマイナンバー制度が導入されるので誤魔化しはききません。

さらにネット通販は売上高がしっかりと記録されてしまっているので、税務署は狙いやすいです。

 

 

やり方わからないなら税理士に任す!

申告直前になって「どうしたらいいですか!税理士さん紹介してもらえませんか!?」

という問い合わせをいただくことが多くなるのですが、直前に対応することはかなりの負荷になります。

 

そんなことに時間を使うより売り上げアップに集中したいですよね!なので事前対応してもらって不足の事態はあらかじめ避けることが必要です。

確かに税理士に顧問料を払うことが勿体無いとおもったこともあり、節税節税などと自分で対応しようと対策しましたが、結局まったくわかりませんでした。

無理に自分でしてしまうと間違いが起こったり、忘れていた頃に追徴税なども来てしまうリスクもあります。

とくに物販ビジネスの場合は、予定税額保険料が予想より大きく、キャッシュが足りなくて黒字倒産している会社の話もよく聞きますので、攻めるだけでなく守りもしっかりと固めてくださいね。

 

 

これまでお世話になった税理士先生たち

ちなみに今まで自分は2つの税理士事務所にお世話になりました。

いずれも所属しているコミュニティからの紹介で契約したので、安心してお願いできている状態です。

 

やっぱり人脈ってとても大切だと感じます。

自分で探すと正直ウマが合わない先生と遭遇してしまう危険性もありますし、探す時間ももったいないです。

 

ビジネスって結局は人脈です。

自分一人で抱え込まずに人への頼り方も生きる術です。

 

 

税理士先生をしゃぶりつくす

ちなみに考慮しておかないといけない支払いは・・・

・所得税

・住民税

・健康保険

・源泉所得税

・法人税(法人化している場合のみ)

です。

僕は担当の税理士さんに、「何月にいくら税金を支払う必要があるのか?」という予定税額表を作ってもらっています。

これはすごく便利で将来的にどれくらいキャッシュアウトがあるのかということがわかるので安心できます。

使えるところはしっかりと使わせてもらうことで事業がスムーズにいきますね!

 

 

税理士先生のご紹介

メルマガ読者限定で紹介させてもらいます。

信頼関係が大切ですので、クローズでご案内します。

僕が契約している税理士さんの軽い説明やご紹介もさせていただくので、興味がある方は一度メールください。

メルマガ登録は下記の無料講座をクリックして登録してください。

配信されてくるメルマガに返信してもらえれば確認することができます。

件名に「税理士先生の紹介希望者」と記載していただければわかりやすいので助かります。

 

 

それでは!

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください