リスト・メールアドレスの集め方について



torokuword1メールアドレス

どうも、土山です。

今回はリスト・メールアドレスの集め方について

自分のアウトプットの意味合いを込めて

解説していきます。

なぜ集めないといけないか

それでは具体的にどうやって集めていくのか

など今もやもやされている部分を解消できればと思います。

 

ビジネスにおけるリスト・メールアドレスの価値?

そもそもなぜ

ビジネスにおいてリスト(今後メールアドレスもリストと呼びます)

を集めないといけないかと言いますと、

担当直入に

リスト数=見込み顧客数

ということになります。

アフィリエイトされている方だったら、

その読者さんに商品の良さを伝えて、

購入してもらって、

報酬をもらう。

コンサルティングをされている方は、

クライアントに自分のコンサルの良さを

伝えて契約してもらうなど、

セールスすることが可能となります。

 

つまりそのリスト数が多ければ多いほど、

自分のビジネスに有利になるわけです。

 

つまり集客できないと

どんなにいい商品があったとしても、

稼いでいくことができないという訳です。

 

具体的な集客方法は?SNSチェーンの構築

facebook

まずはfacebook。

集客の媒体としてはかなりおすすめのSNSです。

facebookは5000人まで友達になることができるので、

まずはそこのベースを作り上げることが大切です。

あまりにもビジネス色を出しすぎると

いいねももらえないですし、

拡散することできません。

こちらのコツはまたシェアします。

 

twitter

次にtwitterです。

こちらもかなりの集客力があります。

アカウントも複数持つことができて、

ある程度自動化することができるので、

必ず対策を練ったほうがいいツールです。

対策ツールも結構リリースされているので、

僕のおすすめを伝えていきますね。

 

Instagram

インスタグラムは写真がベースなので、

かなり個人の世界観が出ます。

ちなみに僕はインスタは苦手です。笑

苦手とか言っていられないので、

しっかりと対策を講じていこうと思います。

拡散力自体は小さいですが、

よりファン化するのに役立つSNSだと思うので、

こちらも尽力すべきです。

 

youtubeで専門性を出す

次に取り組むべきチャネルは

youtubeです。

youtubeはユーチューバーでない限り、

知識系のコンテンツとして使用されている方が

多いですよね。

僕自身もそのようなツールとして、

使用しています。

キーポイントとしては、

動画説明文にLPを入れこんで、

そちらからメルマガなりLINE@に登録してもらう方法です。

あとはセールスの際に教育動画としてのツールとして使用することができます。

 

ブログ系について

残すはブログです。

ブログでも無料で作れるものから、

サーバーとドメインを自分で取得して、

ワードプレスなどを使い、

構築していく方法です。

無料ブログは運営会社のプラットフォームなので、

あまり自由が利きません。

基本的には商用利用できないので、

自分のブログへの導線として使用しているイメージです。

基本的にはアメブロを使用しています。

アメブロ×ワードプレスをうまく組み合わせて

運営していくことをお勧めします。

 

まとめ

1つだけやればいいということではなく、

できる限りすべてのツールを使ってまんべんなく

集客を行っていく必要があります。

うまく自動化ツールなどを使って、

集客の型を作ってみてください。

情報発信についての質問も受け付けていますので、

LINE@にもらえればお答えします!

 

またいろいろシャアさせていただきます^^

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です