ノーブランド商品にロゴマークを入れる

オリジナル化していくためにはロゴマークは必須です。今回は商品にロゴマークを入れる手順について説明していきます。

無料でロゴを作成する方法

パッケージによる差別化をしたら、次は商品自体にロゴマークを入れて本格的なブランド化を推し進めましょう。

Logaster

Logo Maker — Squarespace

デザイナーに依頼する

お金はかかりますがデザイナーにお願いして作成してもらうことも可能です。

ロゴ作成・ココロゴ

ロゴ作成のLOGO市(ロゴイチ)

上記のようなサイトがありますが、クラウドワークスでも依頼をすることが出来ますので、そちらも一緒に活用してみてください。

商品ブランド&会社のロゴを作ってもらう方法

ロゴマークの入れ方

ロゴが完成したら商品にロゴマークを入れてもらっていきます。ロゴマークの入れ方としては商品によって異なります。ロゴマークは代行業者にデータを渡してロゴを入れてもらいます。

商品の性質によってロゴマークのつけ方が異なります。下記の参考にしてください。

  • アパレル→タグをつける
  • バッグ・アクセサリー→刻印を入れる
  • プラスチック・金属→印刷・押印、テープなどで張り付ける

アパレルの品質表示は家庭用品品質表示法に基づき、品質表示タグを縫い付けて販売しなければいけません。注文の際につけてもらうようにしましょう。

既存のメーカー商品のロゴマークを入れて販売してはいけませんので注意してください。権利侵害・違法にあたりますので商品の確認はしっかりと行ってくださいね!

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください