マケプレプライムとは?デメリット・メリットと条件について(現在トライアル中)

どうも、土山です。

今回はマケプレプライムというサービスについて見ていこうと思います。

 

マケプレプライムとは

簡単に言うと、普段ならFBAに納品してプライムマークが付与され、カートが取りやすくなるのですのが、自己発送でもプライムのマークがつき、FBAに納品した際と同様に、カートを取得しやすくなるというサービスです。

これはリリースされた時から存在は知っていたのですが、なかなか在庫を置く場所がなかったので、スルーしていたのですが、スペースを確保することができたので、こちらも導入していこうと動きを変えているところです。

詳細は以下のページで確認してみてください。

マケプレプライムでAmazon.co.jpでの売上拡大を目指しましょう

 

メリット

納品しにくい商品を自己発送に

自己発送でもマケプレを使用できるので、FBAに納品しづらい商品もプライムで販売することができます。

納品できない危険物であったり、室温で保管できない商品であったり、消費期限が短い商品、医療機器系と医薬品、FBAに納品してたら在庫保管料がかかるので、

長期在庫になりそうな商品は自社発送で対応したほうがいいですね。

 

在庫の分散を防ぐことができる

これは物量が多くなってきたい時のメリットですが、在庫を自社で持つようにできれば、様々なプラットフォームで販売しやすくなります。

やはり発送拠点が分散してしまうと少しやりにくくなってしまうので、大きくなったらそのような対応をしましょう!

 

デメリット

時間の制約が発生してしまう

Amazonに納品していると、24時間発送の対応をしてくれるので、寝ていても発送してくれるのですが、そこは注意が必要になってきます。

抜け漏れが発生して発送遅延をしてしまうとアカウントの評価にもつながりますので、注意が必要ですね!

 

トライアルを経て参加条件が付与される

今弊社でも絶賛トライアル期間中です。

トライアルの期間中、直近50件のマケプレプライム対象商品の注文出荷して、条件を満たされると正式に参加できるようです。

半分ぐらい対応したので、早く付与されないか待ち遠しいです。

 

下記がトライアルの紹介のメールです。

ご参考にしてください。

 

出品者様

マケプレプライム トライアルを開始いただけるようになりましたので、お知らせいたします。

トライアル期間中に以下の実績を満たすと、マケプレプライムの参加資格が付与されます。

参加資格が付与されると、マケプレプライム対象商品にはAmazon.co.jp上でAmazonプライムのロゴが表示されるようになります。

[マケプレプライムの参加資格を得るための条件]

トライアルの期間中、直近50件のマケプレプライム対象商品の注文出荷(通常配送、お急ぎ便含む)において、以下の指標を満たすことが必要です。

注文即日の出荷率99%以上

※注文即日の出荷率:注文締め時間前に受注した場合は注文即日に、締め時間以降に受注した注文は翌営業日に出荷してください。

追跡可能率94%以上

※追跡可能率:Amazonにて追跡可能な配送方法をご利用ください。詳細はヘルプページをご確認ください。

出荷前キャンセル率1%未満

※出荷前キャンセル率:出荷前のキャンセルが発生しないように在庫数を正確に反映してください。

また、即日出荷ができる商品のみをマケプレプライム対象商品に設定してください。

このように一つ一つ、できることをクリアしていきましょう!

 

対象となる発送方法が決まっている

現時点でマケプレプライムで利用できる配送会社、および配送方法は以下の通りです。

============

ヤマト運輸

宅急便、宅急便コンパクト、ネコポス、宅急便タイムサービス

日本郵便

ゆうパック、レターパック、クリックポスト

============

対象となる発送方法はこれだけです。

これ以外を使用するとマケプレ資格が剥奪されるので、ヤマトか日本郵便を使用しないといけないようです。

 

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください