メルマガの最後に1つURLを設置して最後まで読んでもらう

今回は、メルマガの最後にURLを設置して最後まで読んでもらう理由について解説していきます。

メルマガにはURLをつけて配信

メルマガを配信する際には、必ずクリックを解析するためにURLをつけて配信したほうがいいです。

開封率でもいいんじゃないのか?という声が聞こえてきそうですが、開封率は正確な数値を取ることが難しいです。

メールは全開封をするシステムが大概ついているので、開封率を計測していて、実際に販売する際には反応が薄かったという事もあります。

出来る限り1メール1URLを心がけて、分析してください。クリックしない人はスクリーニングで解除してもらったらいいです。

メルマガ読者のスクリーニングとセグメントして高収益化する方法

URLをたくさんはると迷惑メールに入ってしまう

フリーメールであるgmailやヤフーメール等は迷惑メールに入ってしまう可能性が高く、URLを貼れば貼るほどネガティブ判定されてしまう可能性が高くなります。

ネガティブ判定されると迷惑メールフォルダ行きになってしまうので、当然メルマガが読まれる可能性が著しく下がってしまうことになりかねません。

不必要なURLを沢山貼ることは絶対にやめてくださいね!1メール1URLという事を意識してください。

URLを最後に設置する理由

URLを最後に設置する理由は、最後まで読んでもらうようにするためです。メールの文中にリンクを貼ってしまうとそこで読者が離脱もしくはそれ以降のURLをクリックしないという確率が一気に高まります。

最後じゃなくていい理由

例外としては、ニュース記事やデータなどを先に見てもらい、そこから自分の意見を伝える場合は問題ありません。

こちらのデータをまず御覧ください。

→URL

このデータから今後はこのように変化していきますよね!

このような文章の流れにすることによって、よりあなたの主張を伝えやすくなります。

ただこの手法を取る時にも、URLの数は1個で抑えるべきです。最後にコールトゥアクション(CTA)として何か行動してもらいたい場合はもう一URLを置いて貰っても問題ないかと思います。

とにかく不必要なURLを貼らないことと、基本はメルマガの最後に1URLを置くというフォーマットで配信していってください。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください