無料レポートのリストをステップメールに流し込む方法

今回は、無料レポートの読者をステップメールに流し込む方法についてお伝えしていきます。

スタンドからCSVでメールアドレスを登録する

作ったレポートをダウンロードされた分+協賛としてもらった分だけメールアドレスを取得することができます。

スタンドからCSVデータとしてアドレスをダウンロードすることができますので、そちらをステップメールに登録します。

インポートする際には、名前なしリストで大丈夫です。無料レポートスタンドで取得できるアドレスはへんてこな名前にしている人が多くあまり意味をなさないです。

最初の段階では名前なしで登録してもらったらいいです。

ただ注意点として名前有りの方が反応率は高いので、その方法をお伝えします。

別にオプト取って名前を取る

私の場合は、無料レポートスタンド用のステップメールを組んでいまして、そちらでオプトインを取るようにしています。

そうすることで無料レポートの薄いリストから濃いリストだけを抽出することが可能です。

そのリストにレギュラーのステップメールを流すようにしていけば、効率的なマーケティングファネルを作ることが可能です。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください