今後狙っていくOEMについてまとめてみました

どうも土山です。

 

最近、メーカーさんとの商談が多く、

OEMの生産を勧められることが頻繁にあります。

現在は、比較的OEMを生産しやすい

サプリメントなどを扱うことが多くなってきているので、

なおのことそういったお話しが多いですね。

 

OEMのメリット、デメリット

OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの略です。

OEMを簡単に説明しますと、他社ブランドの製品を製造すること、

またはその企業のことをいいます。

OEMのメリットは、生産する側は生産量を向上させる事が出来ますし、

製造コストも圧縮する事が出来ます。

 

一方、生産を依頼する側は、需要により生産量を柔軟に調整できる、

在庫リスクを減らす事が出来る、工場設備を持つ必要がないので、

コスト削減につながるなどのメリットがあります。

デメリットとしては、生産する側は自社ブランドの構築や育成が出来ない、

生産を依頼する側は自社の生産の技術力が蓄積出来ないという点です。

 

また、同じように広く知られていて、OEMと混同しやすいのですが、

PBもご説明させていただきますね。

こちらはプライベートブランドの略で、

小売業者や卸売業者などの流通業者が独自に製品を生産し、

名前やマークをつけて所有・管理するブランドの事です。

このメリットは、自社で自由に商品の価格を決める事が可能で、

低価格により納入できる為、コスト面で優位性があります。

 

また、独自販売の為、差別化も図ることが出来ます。

 

デメリット

一方、デメリットは、コストを抑える為、大量生産する必要があるので、

販売数を増やす必要があり、

また、自社開発である為、ネームバリューの点では劣ります。

 

ざっとご説明しましたが、弊社がお声掛けいただいている

OEM生産とは、OEM生産されているメーカーさんから、

売れ行きの良い商品を参考に

パッケージを変えて販売するという内容のものが

多いです。

ですから、すでに上場企業などのOEM生産をされている

企業から、その商品を参考にOEMを生産しないかと。

商品的には盤石ですよね(笑)

ということは、

Product(製品・商品)、Price(価格)、Promotion(プロモー ション)、Place(流通)

マーケティングの基本4つのPです!

OEM生産はいわば1つのPがほぼ整っているという大きな利点があるわけですね。

 

 

 

 

 

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください