従来のマインドセットの弊害

マインドセットの重要性

どうも、土山です。

今回は、マインドセットの話をしていきたいと思います。

 

行動することは必要です

まず、「せどり」で成功する(稼げるようになる)ために、行動できなければ話にならないのはわかりますよね。

転売に関わらずどんなビジネスも同様です。

楽をして稼げるということはまずないです。

そんな楽勝なビジネスなんていうものはこの世で存在しません。

 

ただ勘違いしてはいけないことは、確かにスマホで3分などは実現可能であるということです。

 

それは先日記載したフロー毎にマネジメントによって人に仕事をしてもらう仕組みを作ることです。

せどりの検品発送代行業者の利用方法にフローについて記載しています。

 

最終的にはそのような状態もっていくことができれば、ポートフォリオとしてビジネスの柱を立てていく時間を確保できます。

 

 

マインドセットの必要性

じゃあそこに持っていくためにはどうしていくのかということになるのですが、やはり自分を支えるのは結局のところ、自分自身のマインドです。

 

しかし、簡単にマインドセットしましょうと言われてもなかなか無理なわけです。

それはなぜか。。。。

多くの指導者がビジョンの重要性を伝えていないからです。

自分の活動量を支えるものは自分が

どういう人間になりたいのか、

どういう人生をおくりたいのか、

どういう生活をおくりたいのか、

ということをしっかりと深堀して考えなければなります。

それは自分のコンサル生にもかなり口すっぱく伝えています。

 

目標を細分化する

自分がどのような人生を送りたいかということが決まったら、目標の設定に入ります。

 

さらには年間計画月間計画週間計画日々のタスクにまで落とし込んでいく流れになります。

そこで非常に大切なのが、目標は数値化して設定するということです。

 

例えば1000円利益を取れる商品を1商品見つけるために要した時間が1店舗1時間だとすると、単純計算で2店舗2時間2商品2000円といったように数値を出すことができます。

 

これの母数を増やしていくことで利益額も増大していきます。

 

現在の必要行動量と目標とする収入を逆算して現在するべきことを算出することで、行動量を落とすことなく行動できます。

 

 

足踏みした場合はどうしたらいいか?

行動を継続していくと結果が伴わない状況になることがあります。

そんなときに頭をよぎることは、

「このままで大丈夫なのか?」

「もう、この方法では稼げないのか?」

「すでに飽和しているんじゃないだろうか?」

そのような不安から行動に移せない状態に陥ってしまうことがあります。

 

これは視野があまりにも狭いことにより不安になります。

縦軸と横軸をしっかりと広げていくことによって、商品を仕入れることもできますし、自分の利益を最大化することができます。

【せどり】転売ビジネスは飽和状態していて稼げないのか!?

でも詳しく書いていますので確認してみてください。

 

 

今後の取るべき行動とは

現代の雇用の形態は想像よりも早く変化するでしょう。

機械にできる仕事はどんどん減り、今までだったらもらえてきたものがもらえなくなり、収入が下がり、税金が上がり、今の生活を維持していくことすら危ぶまれる今日です。

そうなる前に、何かに依存しなくても個人で仕事を作り出し、稼げるようになっていなければ生活すらままならない状態になる可能性が高いのです。

そして、その早い変化に対応できるように訓練もしておくべきです。

要は、いつでも新しいことに取り組み、結果を出せる適応能力を身につけておく必要があるということです。

ダーウィンの進化論のように進化しない生物は滅ぶということです。

それが世の常です。

頑張っていきましょう!

 

 

メルマガやコミュニティではより踏み込んだお話をさせてもらっているので、

無料ですので、是非参加してみて下さい!

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください