オリジナルブランドとは?販売戦略を考える

今回はオリジナルブランドを作る全体像をお伝えしていきます。

オリジナルブランドとは?

オリジナルブランドとはノーブランド商品に付加価値を加え、プライべーブランド(オリジナルブランド)商品として育てて、価格競争から脱却した販売戦略を行うために必要なものです。

付加価値を付け加えるために以下のような戦略を考えることができます。

  • 価格で差別化
  • パッケージで差別化
  • 日本語説明書・保証書で差別化
  • 品質で差別化

など。

ブランド構築の目的はノーブランド品よりも高い価格で売れ続けてくれることです。最初はそれぐらいのイメージで取り組み始めてそこからパッケージをさらに改良したり、付属品を改良したりしていくことでさらに確固たるブランドを作っていくことが可能になります。

よくコンセプトは最初から決めたほうがいいですか?という質問をいただくことが多いのですが、まずは売れている商品を改良していくことを薦めています。

それはなぜかと言いますと、どれだけ自分の商品に自信をもっていても市場に必要とされていない商品を作ってしまうと全く売れないという事になってしまいます。

売れる商品を改良していき、ラインナップを増やしていくということが一番効率が上がります。

Amazonでの販売が比較的イージー

Amazonは個人でも出品できますし、Amazon自体がかなり伸びている市場ですので、売れのこるということが少なくリスクがかなり低いです。

自分の商品を売っていくことが容易ですので、まずはAmazonで販売実績を積んでそこから他の販売モールにも力を入れていく流れがスマートです。

ANKERcheeroはAmazonでモバイルバッテリーの販売から始めたそうで、今では大きく成長されている企業さんです。夢ありますね^^

商品選定のイメージ

商品選定を行う方法について解説していきます。

まずは先ほどもお伝えしましたが、「売れている商品」を狙って商品を選定行くことが大切です。

売れている商品に付加価値をつけて販売していくことによってオリジナルブランドとして販売していくことが可能になります。

それではどうやって売れている商品を見つけていくかと言いますと、まずは「自分の興味のあるカテゴリーのランキング」をチェックする事です。

そこでノーブランド品、もしくはそこまで強くないブランド商品を抽出します。初心者はノーブランド品のみのリサーチで問題ないかと思います。

ニーズ・ウォンツで選別

ニーズ(必要性)とウォンツ(嗜好性)で商品を見極めていきます。

ニーズ商品というのは、必要なもので日用品など生活するために必要とされる商品の事です。

一方でウォンツ商品というのは、欧米ブランドなど「所有していたらかっこいい!」という商品の事をいいます。

ニーズ商品は低価格ですが、最初はこのニーズ商品を作って販売していくほうが外れることは少ないです。

めぼしい商品があったら、

  • 価格は適正か
  • 機能・性能等の購入動機を考える
  • デザインは問題ないか
  • レビューやランキングの順位をチェック

は最低限行っておいてください。

アップグレード思考

売れている商品をリサーチしてある程度商品選定ができたら、さらにその類似商品より上にいけないかを考えます。

  • 品質を上げられないか
  • 機能・性能を上げられないか
  • デザインをよくできないか
  • 価格を安くすることはできないか

などさらに差別化できるような商品を作れないかを考えていきます。

特に該当商品のレビューを確認して改善点があればそれを改善して自分の商品を改善んして販売していけばより差別化するポイントを見つけることが可能となります。

売れる循環を作り上げる

Amazonで販売していくには「まずは売ること」に集中してみてください。ランキングが上がると商品がレコメンド等に表示され、購入者の目に届きやすくなります。

  • 新着ラベルがついているときにセールをする
  • ランキングが上がるまでセールをする
  • レビューを増やすために施策を打つ

まずは利益を上げるというイメージよりも、販売数を増やすことに注力していきます。

ランキングが上がると自動的に売れていく仕組みができますので、まずはある程度安くしても販売数量を維持するようにしていきましょう。

高速PDCAをまわす

とにかく1つでも販売を開始していきましょう。テストを多く行い、そこから改善してさらに売れる商品に育てていきます。

  • 価格は適正か
  • 商品タイトルは適正か
  • 商品画像は適正か
  • 商品説明文は足りているか
  • 検索キーワードを意識しているか
  • ブラウズノードを入れているか

を意識して改善していってください。

日本語説明書をつける

海外では説明書が付属していない商品が多いです。付属している場合は英語か中国語で添付されていることが多いので、説明書の日本語訳、ない場合はオリジナルの日本語説明書を作って同梱します。

それだけで付加価値が付きますし差別化することが可能です。説明書を詳しく記載しておくと使い方がわからないといったようなクレームや、返品を事前に予防することができます。

日本語説明書の作り方としては

  • 自分で商品を使っていてオリジナルを作成する
  • 日本の正規流通品や類似品の説明書を参考にする
  • ライバルセラーの説明書を参考にする
  • 説明書がある場合、翻訳サイトで翻訳する
  • 在宅ワーカーさんに説明書作成を依頼する

等の対応をすることが可能です。一番やりやすい方法でトライしてみてください。

保証を付ける

説明書を付けたあとは独自の保証を付けることも顧客の購買意欲を高めることができます。

保証書を作成する際の注意点としては、いつから保証されるのか、いつまで保証が適用されるのか、送料はどちらもちなのか、、、など明確にしておく必要があります。

保証書についても在宅ワーカーさんにデザインをお願いしたり、すぐに作成することができるので保証もつけてみてください。

お礼状を同梱する

ショップ独自のお礼状をつけることで購入者の満足度を高めることができます。お礼状に一筆レビューのお願いも入れておけば、そこで訴求することができるので、お礼状も是非同梱しておきたいものです。

 

 

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください