Price check(プライスチェック)の使用方法

どうも、土山です。

それでは、今回はPrice check(プライスチェック)の使用方法についてお話します。

720pの高画質再生・倍速再生は再生後に動画右下の歯車マークから変更できます。

 ※プライスチェックのサービスは終了してしまいました。大体ツールとしてはkeepaをご使用ください。

Price check(プライスチェック)の使用方法

Price check(プライスチェック)の使用方法

こちらがプライスチェックのトップページです。こちらの検索窓にASINコードJANコード商品名 を入れて検索します。Price check(プライスチェック)の使用方法

今回はこちらの商品を確認してみましょう。モノレートと同じように、現在の新品価格現在の中古価格を確認することができます。Price check(プライスチェック)の使用方法

下にスクロールしていくと ランキング変動グラフが出てきます。

モノレートと違って上がランキング上位で 下がランキング下位になりますので、上がっている時が売れていると推測することができます。

プライスチェックは無料版ですと、基本的に3ヶ月分のランキング変動しか確認できません。有料版ですと6ヶ月は確認できるようになるようなので頭の片隅に置いておいてください。Price check(プライスチェック)の使用方法

続いて新品の価格変動グラフが出てきます。水色のグラフが価格推移を意味していまして、ピンクの棒グラフが出品者数を確認することができます。

この商品ですと出品者が少し増えてきているので価格競争が起きてしまう可能性があるので気をつけて仕入したいですね。

Price check(プライスチェック)の使用方法

次は中古の価格変動グラフが出てきます。5月15日までは二回しかローラーが回っていないのでデーターが取れていないということで、例えば8日に出品者が0だから売れているというわけじゃないので 気をつけてください。

ここでわかることは 中古の状態にもよると思いますが、7000円から7500円の価格帯であれば中古でも売れる可能性が高いことがわかります。

なのでこの価格帯ですと仕入れても問題ないのではないかと推測することができます。

Price check(プライスチェック)の使用方法

次に一番下の取り扱いショップリストという項目があるのですが、ネットショップで販売しているところがあれば表示されます。

こちらの商品に関してはプライスチェックのデータ上、アマゾンでしか販売していないようです。

その他の商品でも検索して確認してみてください。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください