転売せどりにリスクは存在するのか?


リスクってあるのー?

実際にリスクは存在するのでしょうか。

1月で自分がせどりというビジネスを初めて1年になりますが、そんなに危機的な状況を迎えたことはありません。

また詳しくおかきしますが、2014年の6月に前の会社に辞表をだし(それまでは副業でした)、7月から転売一本で生活していますが、なんとか不自由無く生活できているという現状です。

基本的にはカスタマーサービスはamazonが対応してくれますし、お客様とのお金のやりとりも95%amazonが代行してくれている状態です。

敢えてリスクとしてあげるならば不良在庫と商品回転率の確認不足によるキャッシュフローの悪化です。

まずは不良在庫についてですが、これは自分のリサーチ能力を鍛え上げる事で防ぐことができます。

自分の経験上、売れ残っているのは先々月の10月の売れ残りが5万円ほどあるだけです。

それ以前は全てさばけています。

コンサル生で、初めてamazonに出店して最初は本を出品していたのですが、あまりの売れるスピードに驚きが隠せていなかったですね。

ぐらい商品は捌けていくので心配する必要はありません!

中には勢いで仕入れまくる人がいますが、そういう人は月商1000万円!とか声高々に自慢しますが、そういう人は利益額を言わなかったりします。

おそらく相当利益率は落としているはずです。

最初はいいかもしれませんが、早くで次の年には所得税などとは別に消費税が乗っかってきます。

そのあたりもしっかりと計算していかないと蓋を開けたらもう取り返しのつかないことになったりします。

自分がどういう戦略を取っていきたいかは自分の資本を考えた上で行動に移してください。

もし不安でしたらこちらからお問い合わせしてもらうとお答えします。→お問い合わせ

先ほどの話の続きになりますが、次は商品回転率も日々チェックしていかないといけません。

明確な基準を決めて、この期間商品が販売されなかったら赤字でも捌こうといったようにしっかりと数字を見ながら対応してくださいね。

基本的にはモノレート(旧amashow)の分析方法でも説明させてもらっていますが、ちゃんとモノレートをチェックして仕入れるようにすればその心配はありません。

楽天やYahoo!ストアに関してアクセス集めるためにじっくりマーケィングしないといけませんが、amazonではそこまで気にしなくてもいいようです。

 

 

なにが一番リスクか

一番危険なことは収入源を一つにして将来を迎えることだと思います。

年金ももらえるかわらない、

退職金ももらえるかわからない状況で漠然な不安を感じて生活するより、

なにか自分でビジネスを立ち上げてお金を増やしていく方法を

実践していくことが間違いなく必要になってきます。

一番入りやすいのがせどりという方法ではないかと自分では思っています。

今自分も収入源は3つですが、4つ目の事業、

5つ目の事業と拡大していく予定です。

がんばります^^

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!
PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数


期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆


物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。これだけしていただければ独立していただくだけの収益はあげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です