メルマガ読者のスクリーニングとセグメントして高収益化する方法

今回は、メルマガ読者をスクリーニングして効率的に収益を上げる方法を解説していきます。

スクリーニングとは?

スクリーニングとは、ふるいにかけて条件に合う人だけを残していき、それ以外は外していくことをスクリーニングをと言います。

メルマガを配信していく上でスクリーニングはとても大切な概念ですので、必ずマスターしてください。

どういうアドレスをブラックリストに入れるか

さらにメールサーバーをきれいにするためにブラックリストに入れるメールアドレスをスクリーニングしていきます。

  • クレーマー気質
  • マナー違反
  • 不正請求者
  • 名前がふざけている 
  • クリックがない
  • エラーメール

メールアドレスで名前を取った際、名前がふざけている人がいます。こういう人は即ブラックリストです。配信をしていると、クレーマー気質やマナー違反、不正請求者が現れるときがありますので、そちらもブラックリスト入りです。

そして定期的にクリック率を見て、クリックがない人もブラックリストに入れてもらったら良いです。あとはエラーメールのアドレスも入れて問題ありません。

価値観が違う人と付き合う必要はない

価値観が違う人とは付き合う必要はありません。たまに客が神様と思っている人がいるようですが、全く持って時代性に合いません。

読んでいない読者はどんどん解除していってください。読まれる人にだけ価値観を共有していき、濃い内容のものを配信していくことを心がけてください。

時間は有限ですので、あなたの価値観を共有できると時間を共有していくほうが幸せですよね。

自分の考えをはっきりと伝える人の方がより濃いファンになってもらえる可能性が高いですよね。例えば芸能人で言うと、マツコさんや有吉さんや坂上さん等には熱狂的なファンがついていることからもわかります。

しっかりとスクリーニングしていきましょう。

セグメントとは?

セグメントとは属性を絞ることを言います。

メインメルマガに登録してもらっている読者さんに対してセグメントしていきます。

例えば、物販のメルマガを配信している人であれば、「国内物販について興味がある人はこちらに登録してください!」や「中国輸入に興味がある人はこちらで配信していきます!」と言ったようなセグメントをします。

私も実際にセグメントして不定期に配信しています。

オプトを取る

この際に注意しけなればいけないことは「名前付きのオプトを取ること」です。

名前なしのメールアドレスから名前入りのアドレスを登録してもらうことで読者さんとの信頼関係が生まれていきます。

不特定多数に送るのではなくて、あなたに届けているという状態にしていきます。

必要な人に必要な情報を提供

いらないものを提供したら信頼残高が下がります。例えば、物販を知りたい人に、情報発信の内容の配信をしてしまうと信頼残高が下がって配信解除されます。

必要な人に必要な情報を届けられるようにセグメントを意識して販売していってください。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください