Search Console【サーチコンソール】(旧ウェブマスターツール)の使い方

Search Console【サーチコンソール】(旧ウェブマスターツール)の使い方

どうも土山です。

今回は、サーチコンソールの使い方についてお伝えしていこうと思います。

 

サーチコンソールとは?

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)はサイトの検索においてのパフォーマンスを測定するツールです。

SEO対策にサーチコンソールを使わないとわかりづらいので、このツールをしっかりと皆さん使いこなしてください。

Search Console【サーチコンソール】

サーチコンソールで確認できることは、ダッシュボードで全体を把握する、Googleからのメッセージ確認、検索での見え方、検索トラフィック、Googleインデックス、クロール、セキュリティの問題です。

Search Console【サーチコンソール】トップ画面

トップページにはこのように登録されているサイトが表示されます。

先日サイトをSSL化しましたので、2つ記載されていますが、走り始めの時はサイトは1つだと思いますので、そちらが表示されていればオッケーです。登録方法は後日記事にします。

サーチコンソールの登録方法についてはこちらをご参考にしてください。

サーチコンソールの設定の仕方と登録方法【登録できない人向け】

 

ダッシュボードについて

ちゃんとサイトが登録されていれば、サイトの情報が表示されます。

Search Console【サーチコンソール】ダッシュボード 左ナビゲーション

下記のように表示されます。

Search Console【サーチコンソール】ダッシュボード

まだまだへっぽこなサイトですみませんm(__)m

これからSEO強化して上位表示させていくつもりですので、期待しておいてください笑

最近キーワードを意識したので、少しずつ検索数が増えていることがわかります。

こちらでは「新しい重要メッセージ」「現在のステータス」を確認することができます。この画像では新しい重要なメッセージは表示されません。こちらについては後述します。

現在のステータスでは、クロールエラー検索アナリティクスサイトマップの状況がデフォルトで表示されています。左のナビゲーションで詳細を確認できるので、一つずつ確認していきましょう。

 

 

メッセージについて

ダッシュボードの次は、メッセージと言う項目があります。

Search Console【サーチコンソール】メッセージ

メッセージはGoogleクローラーがサイトにアクセスできない状況であったり、ガイドライン違反等を通知してくれます。

通常はあまりメッセージは届かないので、特に重視しなくてもいいのですが、連絡が来ている場合は、迅速に対応しなければいけないのでその際は注意してください。

 

 

検索での見え方の項目

構造化データ

構造化データについてです。

Search Console【サーチコンソール】構造化データ

構造化データとは少し難しいような気がしますが、コンピューターのデータベースに格納できるタイプのことを言います。なんやそれ!となりますが、、、(笑)例えばCSVファイルExcelもどのような構造化データと言うものです。

構造化データは、整理とか検索が簡単でデータ分析がしやすいデータということです。構造化データの分析結果はこちらです。

Search Console【サーチコンソール】構造化データ分析結果

こちらではサイト上で検知された構造化データのタイプとエラーが確認することができます。エラー発見!!!これは至急修正しないといけないですね!修正方法については、また別記事でご紹介さしてもらいます。

 

リッチカード

次にリッチカードについて説明します。

Search Console【サーチコンソール】リッチカードについて

リッチカードとは、スマートフォン(スマホ)検索対応のスワイプで表示される機能で、スマホでのユーザビリティーを向上させるツールということです。

こちらのSEOにはとても大切なことなので対策はしておきましょう。実際に設定してみないとわからないことが多いので、また実践してお伝えさせていただきます!

 

データ ハイライター

次にデータハイライトについてご説明します。

Search Console【サーチコンソール】データ ハイライター

データハイライトとは、マウスだけでサイトのデータフィールドをタグづけすることができます。前項のHTML構造化ではGoogleにサイトの意味を伝えることができますが、データハイライトは構造化することが難しいデータの意味をGoogleに伝えることが可能です。なんかすごそうですね^^

Search Console【サーチコンソール】データ ハイライター

こちらのツールを使用すれば、検索結果で注目を集めることができ、タグ付けが簡単にでき、類似ページもまとめてタグ付けしてくれるようです。読んだだけだとかなり優秀なツールのようです。使わないともったいないですね。

設定方法についてはこちらで具体的に書いています!

データハイライターについて

 

HTMLの改善

続きましてHTMLの改善についてです。

Search Console【サーチコンソール】HTML改善

 

HTMLの改善をクリックすると、このような画面が表示されます。

Search Console【サーチコンソール】HTMLの改善結果

メタデータとはディスクリプションといまして、どのようなものなのかを端的に要約されたデータのこといます。こちらもエラーがあるとユーザビリティーが下がりますので修正していきましょう。

こちらも2つ改善点があるようです。こういうものは綺麗にしていかないといけないですね。改善点だらけ(´;ω;`)

 

Accelerated Mobile Pages

次にAccelerated Mobile Pagesについてです。

Search Console【サーチコンソール】Accelerated Mobile Pages

最近はモバイルユーザが多いのでこのような対策はしっかり取っておいた方がいいです。現在、TwitterやアメブロでもこのAMP対応と言うものを導入しています。

Accelerated Mobile Pages 分析結果

サーチコンソールに項目としてあるということは、ちゃんと対策しないといけないことですので、まだ対応されていない方はしっかりと対応するようにしておいてください。Googleはヒントをたくさん私たちに与えてくれているようです。。。

 

検索トラフィック

検索アナリティクス

検索トラフィックの中の検索アナリティックスをクリックしてもらうとあなたのブログで検索されているキーワードが表示されます

Search Console【サーチコンソール】検索アナリティクス

つまりどのようなキーワードでブログに到達されているのかわかりますので、記事のリライトであったり、内容追加したりですね、対策を立てる時に活用するものです。このツールだけは使っている!という方も多いのではないでしょうか。僕がその一人でした笑

Search Console【サーチコンソール】検索クエリ

狙ったキーワードでブログに到達されているかどうかをチェックして、現状分析をしましょう!

それにしても検索ワードを全然狙えていないことがわかります。全く検索されていませんね。あまりにSEOを軽視しすぎました。反省です。。。

 

サイトへのリンク

次にサイトへのリンクについてです。

Search Console【サーチコンソール】サイトへのリンク

こちらでは自分のサイトにどれだけリンクされているかがわかるようになっています。

Search Console【サーチコンソール】サイトへのリンク

ここで気をつけないといけないのは、スパムのリンクが付いている場合がありまして、この辺をチェックすることが必要です。モザイクかけていますが、ちなみに僕のサイトはエロ動画サイトのリンクが爆発的に多いです笑 なぜ、、、、明らかにスパムですよね、、、

 

内部リンク

次に内部リンクです。

Search Console【サーチコンソール】内部リンク

リンクとは。外部リンクと内部リンクに分けられます。外部リンクとは、他の人が作ったブログからあなたのブログにリンクしているリンクのことを言います。一方で内部リンクは、自分のサイトの中でのリンクのことをいいます。以前では外部リンクがとても重要視されていましたが、現在は内部リンクがとても重要視されている状況です。

Search Console【サーチコンソール】内部リンク

ここではあなたのサイトの記事がどれぐらい内部リンクされているか、ということがわかる項目です。ここで注意しないといけないのは1番強くなって欲しい記事が内部リンク数が多いか逆に重要でないページが上位に含まれてしまっていないかと言うことを気をつけなければいけないです。

内部リンクは繰り返しになりますが非常に大切ですので、しっかりと張り巡らせてください。

 

手動による対策

次に指導による対策についてです。

Search Console【サーチコンソール】手動による対策

スパム行為をしたときに、Googleから手動でペナルティーを受けることがあります。

Search Console【サーチコンソール】手動ペナルティー

普通に運営しているとそのような対策は受けないですが、もしそのような対策を施されてしまった場合、即座に対応しなければいけません。指摘された部分を修正して再度Googleに申請をあげましょう。

幸い私のブログは一度もペナルティを受けたことがありません^^

 

インターナショナル ターゲティング

インターナショナルターゲティングについてです。

インターナショナルターゲティング

インターナショナルターゲティングでは、多言語で作成されているサイトのページがどこの国の言語をターゲットしているのか、をチェックするものです。日本語で運営している場合(他の言語を使用していない場合)特に指定する必要はありません。

Search Console【サーチコンソール】インターナショナルターゲティング

特段エラーでもありませんし対応自体も必要ないので、エラー表示されている場合はサイトのトップページに下記のタグを入れておきましょう。

私はエラーが出ていなかったらスルーします笑

 

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティーについてです。

Search Console【サーチコンソール】モバイルユーザビリティ

こちらはスマホやモバイル端末でサイトの見え方が問題あるかないかを指摘してくれる項目です。

Search Console【サーチコンソール】モバイル ユーザビリティ

エラーが起きている場合はユーザが見づらい状況になっているので、エラーを修正していきましょう。

問題が2つ発生しています。こちらも至急対応していかないといけないですね。。クリックすると問題のあるURLが表示されるので、そちらで確認してみてください。

 

Googleインデックス

インデックスステータス

まずインデックスステータスについてです。

Search Console【サーチコンソール】Googleインデックス

インデックスステータスとは、自分のサイトが正常にインデックスされているかどうかを確認する項目です。

インデックスされていないと、検索されたときに検索に引っかかってこないので、必ず確認するようにして下さい。

Search Console【サーチコンソール】インデックスステータス結果

その際に確認しないといけない事は、インデックスが増えているか、インデックスが急激に増えていないか、逆に急激に減っていないかを確認してください。どこか異変があれば修正を行っていきましょう。

私のブログはSSL化したので以前のデータは収集できないようです。

 

ブロックされたリソース

こちらはGoogleのクローラーが、記事がブロックされていて読み込めない!と言うものを把握するためのものです。

Search Console【サーチコンソール】 ブロックされたリソース

私自身ブログを運営してきて、この項目はエラーになった事は無いのですが、もしエラーになった場合は気持ち悪いので修正をするようにしましょう。

Search Console【サーチコンソール】ブロックされたリソース 結果

アクセスが減ってないなどの状況であれば、無理矢理直さなくてもいいかもしれません。

 

URLの削除

次にURL削除についてです。

ブログを運営していて記事を削除したり、間違ってアップしてもらってしてしまったときに、それがインデックスされてしまう時があります。そういうときに間違えた記事が検査結果にならないようにしたい!とか、検索結果自体に表示検索結果に表示したくないページが出てしまっている!などの場合に使うツールです。

Search Console【サーチコンソール】URLの削除

このツールを使って対応できるのはあくまでも1時的な削除で、90日間経ってしまうと再び検査結果に表示されてしまいます。

Search Console【サーチコンソール】URLの削除 方法

それまでにページの修正を行って検索結果に上がってこないようにしましょう。

 

 

クロール

サイトエラー

次にクロールエラーについてお伝えします。

Search Console【サーチコンソール】サイトエラー

Search Console【サーチコンソール】では Google のクローラーと呼ばれる検索ロボットがサイトを巡回してチェックします。適正にブログが記載されて俺はエラーは発生しないですが、何か問題があればこのクロールエラーに表示されます。

Search Console【サーチコンソール】サイトエラー 結果

クロールエラーでは PC、スマートフォン(スマホ)、フィーチャーフォン(ガラケー)のエラー数を確認することができます。クロールがブロックされてしまって巡回できないサイト(記事)を表示してくれます。

もしエラーが出ていればそのエラーを確認して、修正できるところは修正してエラーを無くすことが望ましいです。こちらの項目ではエラーをチェックしてください。

 

クロールの統計情報

次にクロールの統計情報についてです。

Search Console【サーチコンソール】クロールの統計情報

クロールの統計情報というのは、直近の90日間のGoogleボットの活動を記録しているものです。

Search Console【サーチコンソール】クロールの統計情報 結果
  • 確認できる指標は1日あたりのクロールされたページ数
  • 1日にダウンロードされるキロバイト数
  • ページのダウンロード時間

を確認することができます。

この数値が上がると、巡回回数が増えてるということになりまして、検索の流入が増えるということです。時折、一気に頻度が上がる時があります。この時から検索の流入数が増えたりしますので、是非チェックしてみてください 。

 

Fetch as Google

次にFetch as Googleついてです。

Search Console【サーチコンソール】Fetch as Google

こちらの機能はGoogleへの再クロールを依頼するツールです。

Search Console【サーチコンソール】Fetch as Google 使用方法

レンダリング機能を使って エラーをチェックするツールを搭載してます。レンダリングとはHTML、CSS、JavaScript などのコンテンツをブラウザの画面に表示することを言います。

Fetch as Google使うとクローラーから見たサイト表示のシュミレーションが可能なため、SEOの効果を改善するデバック機能として非常に大切です。デバック機能とは、エラーが起こっているところを自動的に修復してくれる機能だそうです。

使い方については別事項でご説明させていただきます。

 

robots.txt テスター

robots.txt テスターについてです。

Search Console【サーチコンソール】robots.txt テスター

Search Consoleのこちらのツールを使用すると、クローラーを制御することができますので、重要なコンテンツを巡回させやすくしてくれるツールです。

Search Console【サーチコンソール】robots.txt テスター  結果

ここでは自分のサイトがしっかりと記載されているかどうかを、確認してエラーがないかチェックしてください。

 

サイトマップ

サイトマップとはサイト内のページをわかりやすく一覧にしているものです。

Search Console【サーチコンソール】サイトマップ

このサイトはどういう情報があってどのようなコンテンツがあるかというものを、情報としてリスト化されているものです。

Search Console【サーチコンソール】サイトマップ 結果

サイトマップをサーチコンソールに登録することで、優先的にクローラーが来てくれて巡回してくれます。サイトマップを登録していないと SEO的にあまりよろしくないので早めに登録することを勧めします。

サイトマップ登録について

 

URLパラメータ

URLパラメータについてです。

Search Console【サーチコンソール】URL パラメータ

URLパラメータは、パラメーターが持つ意味や役割をGoogleのクローラーに伝達するツールです。重複しているコンテンツがある場合に、URL パラメーターでクローラーを制御することにより、コンテンツの重複によって発生する問題をチェックすることができます。重複コンテンツはコピーコンテンツとみなされるため、SEO的によくないそうです。

Search Console【サーチコンソール】URLパラメータ  結果

こちらはあまり操作する頻度が少ないと思うので、どうなってるかのチェックだけをしてみてください

 

 

セキュリティの問題

最後にセキュリティの問題についてです。

Search Console【サーチコンソール】セキュリティの問題

こちらはあなたのサイトのコンテンツで、セキュリティの問題が検出されたかどうかを表示してくれる項目です。

Search Console【サーチコンソール】セキュリティの問題 について

私自身このような問題は発生したことがないので、優良な情報はお伝えできないですが、もしこの項目で問題が発生した場合は専門的に直してくれる人に依頼して問題を修正することを試みてください。

専門家に依頼するのは、クラウドワークスなどのクラウドワーカーさんに依頼してもらったらかなり応募してくださるので、そういったところを使用して修正を依頼していきましょう!

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください