ビジネスにおける信頼残高をMAXにする方法

今回は、ビジネスにおける信頼残高をMAXにする方法についてお伝えしていきます。

信頼残高をMAXにしておかないと、、

信頼残高とは読者さんの信頼の預金というイメージです。

預金がなかったらお金を引き出すことができないですよね?それと信頼も一緒です。

信頼がなかったらオファーをしてもまったく刺さらないという事になりかねません。

信頼残高=価値判断基準

という事になります。

信頼残高の上げ方

それでは信頼残高をどうやって上げていくのかということになりますが、

価値のあるものを与える

本当にいい商品を提供する

フォローを丁寧に行う

等。

とにかく価値のあるものを提供しないと信頼残高は上がりません。逆に信頼残高を減らしてしまうのは、価値の低いものを提供したり、フォローが少ない時に残高を減らしてしまいます。

圧倒的なキラーコンテンツ

圧倒的なキラーコンテンツをプレゼントすると、読者さんの信頼は一気に上がります。

他の人とは違うという差別化にもなりますよね。さらに信頼残高上がるので、この人なら信頼できそう!という状態にしなければいけません。

「これは有料級ですね!」

と言われることが多いのですが、そういってもらうのが一つの基準ですね!

最初に布石を打つ

  1. あなたが主人公(←主人公の特定)
  2. いまの問題とこれから訪れる問題(←問題の特定)
  3. 私はあなたを救うことができる(←導き手の特定)
  4. その手段を伝えられる(←計画の掲示)
  5. 今動かないと変えられない(←行動喚起)
  6. 動かないとこういう未来が訪れる(←回避したい失敗)
  7. 行動を起こせばこのような未来が待っている(←成功する結末)

このように布石を打っておくと、その後のマーケティングがうまく機能していきます。信頼が構築されていればどんなオファーでも刺さるようになります。

啓蒙して信頼残高を上げる

知識を与えてベースができたら、現状維持の危険性を伝えていきましょう。

このままでは危ないですよーといういわゆる煽りにもなるかもしれません。行動意識と投資意識が必要と認識してもらいましょう。

ただ直接的に伝えてしまうとあまり良く思われないので、あなたのストーリーを交えるかもしくは実績者の声をもらって刷り込んでいきましょう。

メルマガを送るときは、自分が主人公として書いてしまいがちです。あくまで主人公は読者さんということを忘れないでください。

オファーまでのステップ

  • 【Step1】キラーコンテンツで信頼残高アップ
  • 【Step2】布石を打つ
  • 【Step3】啓蒙メールでさらに信頼残高アップ
  • 【Step4】オファーする

ステップメールやローンチをするときにはこの流れでいきましょう。

メインのメルマガではけいっ申し続けて、オファーするときはオプトを追って別のシナリオに誘導して、そこでオファーをしていくのも良いです。

必要な人だけにオファーするので、そのタイミングで興味がない人は信頼残高を高いまま維持することができます。

この流れをうまく組み立てることができたら、粗削りではなく精密機械のように販売していくことができます。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください