SSL化してhttpsなのに鍵マークが表示されない対処方法

SSL化されない対処方法


torokuword1メールアドレス

今回はhttpからhttpsにSSL化したにも関わらず、URLの前に鍵マークがつかないという現象について、解決策をお伝えしていきます。

自分でも気づいていたんですけども、「まあいっか」と思っていたんですが、 ビジネスでお世話になっている方に指摘していただいたんで、これは直さないといけないなと思い調べてみました。

SSL化で鍵付きマークが表示されない

現在、上記の画像の状態で、「!」をクリックしてみると、「このサイトへの接続は安全には保護されていません」というメッセージが出ています。わざわざ「安全には保護していません」と言うてくれます笑

理想は下のような状態で、鍵マークがついていて「保護された通信」と表示されたらオッケーです。

SSL化成功

WordPressの管理画面上ではこのように表示されているので、問題ないかと思っていました。

調べたところ、原因としては「リンクされているURLがHttpのままになっているもの」が完全なるSSL化を妨げていたようです。

 

Httpを検索する

それでは早速ページを確認してみましょう。
SSL化されていないページのどこかで、右クリックをして「ページのソースを表示」をクリックします。

ソースを表示する方法

するとHTMLが出てきますので、チェックしていきます。

ソースでhttpを検索

とにかく「Httpのまま」のURLを探したかったので、Ctrl+Fで検索をかけてみていくことにしました。一つ一つチェックしていってEnterを何度も繰り返し押しながら、何してんだろ・・・と思いながら、他のことをやりながら続けてやっていくと、

HTTPを発見

発見!「”http://nic.y-ml.com/_reg” method=”post”」がhttpのままになっていました。画像は以前修正かけていたので、問題なかったですが、メルマガの登録フォームのURLが引っかかっていたようです。

これは個人的なことなので詳しく記載しないですが、ワイメールで独自ドメインを取得してURLを新たにあてがわないといけないようです。いやー面倒でしょ!と心の中で思いながら現在対応中です。そちらについてもまた記事書きます。

もし画像のリンクがHttpのままでしたら、一括で変更できるプラグインもあるようですので、そちらで対応してみてください。Search Regexというプラグインでできるようです。

 

そして・・・実はもっと簡単にブログをチェックできる方法があります!先にこれを知っておくべきでした!泣

 

 

Consoleでチェックする方法

F12をクリックすると、以下の画像の状態になります。右側に出てくるやつですね。

コンソールでバグを見つける

ここの左から2番目のConsoleをクリックします。

コンソールのwarnings

すると以下のような英語が羅列されています。

Mixed Content: The page at ‘https://tsucchy-net.com/’ was loaded over a secure connection, but contains a form that targets an insecure endpoint ‘http://nic.y-ml.com/_reg’. This endpoint should be made available over a secure connection.

要約すると、’http://nic.y-ml.com/_reg’が邪魔しています!ということだと思います。たぶん笑

 

HttpのままのURLを探すにはコンソールを使ってチェックするほうが早いようです。SSL化したのに、鍵マークがつかない!という人はこちらの方法で修正してみください。

 

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です