常時SSL化とは?WordPressでの設定方法と手順

SSL化手順

今話題の SSL 化について触れていきます。

 

常時SSLとは

SSL 証明書使用することによって、Web ページ全体を「https」で表示させることを「SSL化」するといいます。
暗号化されているということなので、ユーザーにとって利用する際に安全で、盗聴・改ざん・なりすましなどを防ぐことができます。

昨今、このhttpsが標準化されるという動きになっているようです。

また SEOにも少なからず影響しているようで、今後 SSL化していないサイトに関しては、少しフリになる可能性もあるかもしれません。あくまで可能性なので信じるか信じないかはあなたにお任せします。

ただ今後の事を考えたら導入しておくべきかもしれないので、設定方法については後述いたします。

 

 

WordPress(エックスサーバー使用)でのSSL化手順

BackWPupでバックアップを取る

BackWPupでバックアップを取る

まずサイトを編集する際には、基本的にバックアップはとっておいたほうがいいです。編集をミスしてしまって、取り返しのつかないことになることは極稀にあります。私自身、以前使用していたテンプレをいじりすぎて元に戻せなくなったことが数回あります。なってから「バックアップとっておけばよかった。。。。」とならないように、あらかじめバックアップは取っておきましょう。

簡単にバックアップを取ってくれるプラグインがありますので、そちらの使用法をお伝えします。BackWPupというプラグインがありまして、まずはそちらをインストールしてください。

BackWPupのダッシュボードを開く

インストールして有効化したら、BackWPupという項目がワードプレスの左のナビゲーションに表示されます。ダッシュボードを選択してください。

データベースのバックアップをダウンロード

1クリックバックアップという項目がありますので、そちらのダウンロードボタンをクリックしてください。

すると、このようにバックアップファイルが形成されます。完了するまではデスクトップに保管しておきましょう。

バックアップファイル

 

 

エックスサーバーの設定

エックスサーバーログイン

エックスサーバーを使用している方向けの説明です。他のサーバーを使用している方は、サーバー名+SSL化と検索してもらったらわかりやすい記事が出てくると思いますのでそちらを参考にしてください。

それではいつものようにエックスサーバーのトップページを開いて、インフォパネルからログインしていこうと思います。

エックスサーバーログイン2

必要情報を入力してください。

サーバーパネルログイン

そしてインフォパネルのページ中頃にサーバーパネルという項目がありますので、そちらのログインボタンをクリックしてください。

SLL設定をクリック

そしてドメイン項目の「SSL設定」を選択します。

SLL化するdomainを選択する

SSL化したいドメインを選択します。

独自SSL設定の追加独自SSL設定の追加というタブがありますので、そちらをクリックしてください。こちらでは特に情報をいじる必要がないので、そのまま独自SSL設定を追加するを選択します。CR情報を入力するというところもチェックを入れず、進めてください。

10秒ぐらい、設定中の画面になりますが、そのままなにも触らずおいておきます。そしたら、SSL設定が反映されるまで、最大1時間かかりますという表示がされます。サーバーのほうで構築する時間がかかるようです。

独自SSL設定変更確認

SSL設定の一覧というタブをクリックすると、httpからhttpsに変更されていることがわかります。設定自体は完了したようです。

SSL化反映待ち

ただ最大1時間かかるということで、そこまで待てなかったらので、URLをクリックしてみると、接続エラー的な表示がされました。こういう表示されると焦りますよね笑 大丈夫ですのでご安心ください。

先にURLの設定変更をしていきます。

wordpressURL変更

WordPressの設定から一般を選択してください。

サイトのURLがhttp

このように以前のURLが記載されていますので、httpsに変更していきます。

httpからhttpsに変更

上記の画像のようにsを付けて更新&保存をします。

変更中

もし上記のような画面が出た場合、少しおいてからトライしてみてください。いちいち焦らせますよね笑

 

 

Search-Regex

Search-Regexをインストール

続いて、変更する前のhttpをすべてhttpsに変更する作業を行います。こちらも便利なプラグインがありますので、試用していきます。Search Regexというプラグインをインストールしてください。

Search-Regex有効化

そして有効化します。

SearchRegexセット

有効化したら、WordPressの左ナビゲーションのメニューからSearch Regexを選択してください。

置き換えるURLを記述

すると上記のようなページが表示されますので、Search pattenにhttpのサイトURL、Repace patternにhttpsに変わったサイトのURLを入力します。

そしてReplaceボタンをクリックすると、、、

Repaceする

このように変更が表示されます。この段階でURLが間違っていないかを確認します。一度置き換えてしまうと、戻せなくなるようですのでこちらは慎重にチェックしてください。

Replaceして保存

問題なければ、Replace&Saveのボタンをクリックして完了します。

そしてサイトのURLを確認すると、以下のように鍵マークがついていて「保護された通信」となっていれば、問題なく処理がされたということです

Httpsに変更されているか確認する

鍵マークが表示されない場合の対処方法については、「SSL化してhttpsなのに鍵マークが表示されない対処方法」で触れていますので、鍵マークがついていない方はご覧ください。

その前に、「.htaccess」の変更しておきましょう。

 

.htaccessを変更してリダイレクトする

エックスサーバーのファイルマネージャー

変更する前のURLを知っている人がアクセスする際に、いつの間にかhttpsに変更されていてエラーが表示されてしまう場合があります。なので、以前のURLからhttpsにリダイレクトするように設定すれば、問題なくサイトを表示させることができます。それではまたエックスサーバーのファイルマネージャにログインしましょう。

対象のdomainを指定する

先ほどhttpsに変更したドメインを選択してください。

ディレクトリを指定する

そして「public‗html」を選択します。

htaccess編集する

.htaccessを変数するので、左のチェックボックスにチェックを入れて、右上の編集をクリックします。その前に、こういう重要なファイルを変更する場合は、デスクトップにバックアップを取っておきましょう。.htaccesswをクリックすると自動的にファイルがダウンロードされます。

htaccessデスクトップにバックアップ

それをのようにデスクトップに落としておいてください。

それでは戻りますが、先ほどの上の編集ボタンをクリックします。そしてそのファイルの中に下記のコードを入力します。

※1行目が隠れがちですがソース内でクリックしたらコピーしやすくなります。

htaccessに追記

このように上部にペーストしてみてください。編集ボタンをクリックして終了です。この対応で以前のhttpでサイトに接続しても自動的にhttpsのサイトに移るようになります。是非確認してみてください。

これでSSL化の作業は完了です。こういうのに慣れていない方は専門的な人にお願いするほうが無難かもしれないですね。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください