ブログの自動目次生成プラグイン「Table of Contents Plus」の使い方とカスタマイズ方法



torokuword1メールアドレス

どうも、土山です。

今回はブログの自動目次生成プラグインの

「Table of Contents Plus」について解説していきます。

 

Table of Contents Plusとは

このブログでも目次が生成されていますが、

これは個別に設定するのではなく、

自動で生成してくれるプラグインの

「Table of Contents Plus」というものを使用しています。

わざわざ自分で目次を作る必要もなく、

時間短縮もできますし、

読者さんも見やすいので是非導入してもらいたいです。

他のページでしたらこのように表示されています。

導入方法について

まずプラグインの項目の新規追加をクリックします。

その後右上の検索窓で「Table of Contents Plus」と検索してもらって、

今すぐインストールボタンをクリックしてください。

画像では僕の管理画面ですので、

既にインストールしていまして、

有効と表示されていますが、

お気になさらず、、、、笑

 

これでインストールは完了です。

そして有効化してください。

 

Table of Contents Plusの設定方法

次に設定を行っていきます。

プラグインの一覧でTable of Contents Plusを検索します。

そして設定ボタンをクリックしてもらい、

諸々設定してきます。

位置について

 

①最初の見出しの前

②最初の見出しの後

③上

④下

と選択項目がありますが、

僕は①の最初の見出しの前にしています。

デフォルトで設定されいているので、

そのままで大丈夫かと思います。

もし自分は見出しの後!とこだわりがある方はそちらに編集してもらえればと思います。

 

表示条件について

表示条件についてですが、

これは記事内に見出しがどれだけあれば、

目次を生成するかという項目です。

目次はできる限り生成したいので、

僕は3にしていますが

2つ以上見出しがある時でよいと思います。

 

その次の以下のコンテンツタイプを自動挿入ですが、

「post」で問題ないです。

 

見出しテキストと階層表示ト番号振りについて

こちらですが、

目次のタイトルを設定することができます。

このブログでは現状、

「コンテンツ」としています。

もともとの設定では「目次」と入っているので、

お好きなようにカスタマイズしてみてください。

 

あと読者さんが目次を開く・閉じることができるように設定することができます。

このブログでも切替は許可するという設定にしています。

ここもお好きに設定してください。

 

次に階層と番号表示ですが、

「1.」や「2.1」のことです。

これも表示するかどうかを選択することができます。

 

外観について

 

下にスクロールすると外観を設定することが可能です。

横幅であったり、

文字の大きさであったり、

カラーを選択することができます。

こちらもお好みに設定してください。

 

見出しレベルに注意

 

次に「上級者向け」という項目をクリックします。

すると上の画像のように表示されます。

ここで注意したいのは、

「見出しレベル」という項目です。

これはどの見出しから目次を生成しますか?

ということですので、

僕は「h2、h3、h4」を目次生成するようにしています。

 

 

これで一通り注意しないといけない部分は書かせていただきました。

その他はデフォルトで問題ないので、

是非こちらのプラグインで目次を自動生成してください。

 

 

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です