適正在庫の算出



torokuword1メールアドレス

どうも土山です。

今回は適正在庫について記載していきます。

 

 

適正在庫を算出する重要性

この数日、弊社の在庫が適正か

在庫管理表をもとに算出しています。

  

回転率の悪いものが残っているのも、

逆に回転率が良いものが品切れを

おこしているのも、

適正在庫とは、言えません。

 

自分たち小売業には

欠かせない在庫の保有。

 

過剰在庫も品薄もどちらに転んでも、

利益損失ですよね。

 

在庫。ここを健全化しないでは、

ビジネスの成功もなし。

 

ということで在庫に関する数字を

分かりやすく記載してみました。

  

 

まず、適正在庫を知るうえで、

把握しなければならない数字は2つ。

在庫回転率とその基準値です。

 

?在庫回転率

在庫回転率はその名の通り、抱えている在庫が

どのようなペースで回っているかを数値化したものです。

 

具体的には保有する平均在庫が

一定期間に何回売れたかという回数。

例えば「在庫回転率が1年で3回」というのは

一年間かけて在庫が3回入れ替わっていることを指します。

 

この在庫回転率が高ければ高いほど、

売れている商品ということになります。

 

在庫回転率からわかるのが、

仕入れから販売までの速度です。

 

具体的には、一定期間の売上高÷平均在庫で算出します。

※平均在庫=(期首棚卸高+期末棚卸高)÷2

 

?在庫回転率の基準

在庫回転率は高くても低くても適正ではないといわれます。

低ければ商品の回転率が悪く、

売り上げるペースが遅い=不良在庫につながる

一方で、高すぎる場合は、在庫切れを

起こしてしまう可能性が高く販売機会の損失につながります。

 

ということで、自分のビジネスにとっての

最適な回転率を基準として設けることが

大切になります。

 

もっといえば、適正な回転率は商品によって、

全く違うという点を把握しなければなりません。

たとえば、回転率が10と計算されたとします。

これは、1年で10回売れるというわけですから、

その商品の販売期間は36.5日と計算されます。

家電などでは十分いける数字です。

しかし、消費期限のある商品だったら?

   

 

自分たちのように、ある程度取り扱い商品の

ジャンルが多岐にわたる場合は、

基準を設けるにも、より細やかな算出が必要になるわけです。

 

在庫回転率を把握できれば

回転率の低い商品の仕入れを減らし、

回転率の良い商品へ注力するという

基本的なアクションにも、より一層

取り組みやすくなります。

より少ない投資でより多くの利益を

得られるように、経営のスリム化への

第一歩です。

 

ということでまず、棚卸からはじめましょうか(笑)

 

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です