Amazon(アマゾン)転売における商標権侵害の対応と対策

どうも、土山です。

 

Amazonからのパフォーマンス通知が入ってくるといまだにドキッとしますね。

赤旗ですよ赤旗、、

心臓に悪いことこの上ないです(笑)

 

特にアカウントについてのお知らせだけは頂きたくないものですね!

 

商標権の侵害について

商標権侵害とは

まず商標権侵害って何??と思って以前いろいろと調べました。

商標権とは

知的財産権のひとつ。

自社の商品と他社の商品とを区別するための文字、

図形、記号、色彩などの結合体を独占的に使用できる権利。

ということで、許可なく使用してはいけないものということです。

 

正直固い言葉で書かれている記事ばかりでしたので、よくわかっていなかったのですが、かみ砕いてみるとおそらく、物販に関しては「メーカーがちゃんと卸してます!」という販売者(もしくは認識している)以外は販売してはいけないということです。

つまり正規のルートで仕入していない、もしくは販売許可していない販売者は「あなたうちの商品販売していいって許可してませんよー」「それってルール違反ですよー」だからAmazonに連絡して出品取り下げさせていただきますね。

という流れです。

先日もご相談をいただいたのですが、出品用アカウントについてのお知らせと銘打って商標権についての警告がメールで入ったそうです。

このたび出品者様の商品について、

以下の権利者より商標権を侵害しているとの申立てがありました。

Amazon.co.jpでは、出品者が商標権を侵害する商品を出品したり、

商品詳細ページを作成したりすることは認められていません。

中略

この商品の出品を再開するには、

権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

商標権の侵害、権利者など仰々しい文言があるので、ご本人も慌ててご相談くださったわけです。

今回のケースの場合、

商品は正規のルート

1.(メーカー→卸業者→二次卸業者→小売業者→出品者

での仕入商品とのことでした。

 

2.(メーカー→卸業者→二次卸業者→出品者

こういった場合は、商品の仕入先及びAmazon出品店舗名を申し出人に開示することで、上記のような申し出は取り下げていただける場合が多いです。

また、申し出の引き金になるのが、値崩れが発端になる場合が多いので、販売価格の是正も必要になるかと思います。

あくまで参考としてください。

 

商標権を侵害すると損害賠償はありえるか?

ともかく、商標権の侵害というのは、知らなかったでは済まされない問題です。

商売に携わる者でしたら、最低限知っておきたいことの1つです。

ちなみに

商標権を侵害した者には

、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、

又はこれらが併せて科されます。(商標法78条)

また、法人の代表者、従業者がその業務に関し、

侵害行為をした場合には、その行為者が罰される外、

法人にも3億円以下の罰金刑が科されます。(商標法82条)

侵害行為に該当してなくても侵害の予備的行為に該当する場合や、

商標登録されていないのに登録がされているかのような

虚偽の表示をすることも犯罪になります。(商標法78条の2、商標法80条)

つまり侵害を続けると、損害賠償を請求されても仕方がないということです。

 

私たちができる予防策としては、仕入先に会社名、店舗名、販路などを開示し、了承を得ること。

ただ、それが難しい場合は、せめて仕入れの際の納品書および請求書をきちんと取っておくことです。

当たり前のことですが、まずはそこからクリアしていきましょう!

 

商標権をチェックできるサイト

特許庁が提供している「J-Plat-Pat」というサイトで、現在の商標を検索することができます。

販売している商品を検索すると大概が登録されているので、あまり小売事業者としては意味をなさないサイトです。

もし自分で商品を作って登録したい!というときに使用するぐらいの位置づけですね。

 

アマゾンでは知的財産権系の通知が増える見込み

最近ですが知的財産権侵害系の連絡が多いです。

出品アカウントについてのお知らせというパフォーマンス通知が来るのでドキッとします笑

その詳細についてお話します。

 

Amazon(アマゾン)販売における商標権侵害の事例

Amazon.co.jp 出品用アカウントについてのお知らせ

げ!

これが件名にメールが来ていたら恐れおののきます。笑

最近立て続けにこのメールが来たので、詳細を見ていきます。

実際に私のところにも通知が来ました。

※以下引用です。具体的な商品名は控えます

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、

誠にありがとうございます。

このたび出品者様の商品について、

以下の権利者より商標権を侵害しているとの申立てがありました。

Amazon.co.jpでは、出品者が商標権を侵害する商品を出品したり、

商品詳細ページを作成したりすることは認められていません。

本Eメールの末尾に記載されている商品の出品を

キャンセルさせていただきましたのでご了承ください。

この商品の出品を再開するには、権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

権利者のご連絡先情報は次のとおりです。

— 株式会社●●●●
— eigyou@●●●●.com

権利者が申し立ての取り下げに同意した場合は、

notice-dispute@amazon.co.jpまで申し立ての取り下げを

お知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

申し立ての対象となった商品が権利者の商標権を侵害していないと思われる場合は、

補足情報を添えてnotice-dispute@amazon.co.jpまでEメールでお知らせください。

権利者が申し立てを取り下げない場合、

または出品者様より必要な情報をご提供いただけない場合、

権利者の要請に応じて出品者様の連絡先情報を提供する可能性がありますので、

ご了承ください。

当サイトは知的財産権の侵害を深刻に受け止め、

現在、出品者様のアカウントの審査を進めさせていただいております。

出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、

直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがあります。

詳細については、

セラーセントラルヘルプページの「知的財産権とその他の権利の侵害」を検索してご確認ください。

権利者よりご連絡のあった商品は以下の通りです。
—————————————————
ASIN: ●●●●
—————————————————
侵害の種類: 商標権
申し立て番号: ●●●●

何卒、よろしくお願い申し上げます。

このようなメッセージを頂きました。

えーこの商品メーカーからちゃんと仕入しているのにな。。。と思いながらも対応しないと出品キャンセルされているので、仕方がなしに対応することにしました。

 

対応方法について

まずはメーカーに連絡します。

「御社から仕入させてもらっている商品がAmazonで出品キャンセルされたのですが、、、」と伝えます。

そしてAmazonでの販売店舗名を合わせて伝えます。

卸業者から仕入をした際は、メーカーにちゃんとしたルートから仕入していますよって報告します。

そしてメーカーからオッケーが出たのち、notice-dispute@amazon.co.jpに連絡メールを送ります。

その時の注意ですが、メーカーからもちゃんとAmazonに伝えてもらうようにしましょう。

そして規制が解けた後にこのようなメールが送られてきます。

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび再確認のご依頼をいただいた件につきまして慎重に審査した結果、

以下の商品について出品再開の手続きを行いましたので、ご報告いたします。

ASIN: ●●●●
申立て番号:●●●●

これで一安心!

本当にひやひやさせますよね。

今後はこういう対応が増えてくると思います。

 

特にサロン系の商品はメーカーの規制が厳しいので、あまり積極的に販売しないほうがいいです。

カスタマーのメッセージを使って、「御社の販売されている●●という商品は許可していないですよ」ってきます。

縦に積んでいる場合はとても面倒なことになるので、そんなことにならないよう、ちゃんと証明できるようにあらかじめ対応できるようにしておきましょう!

 

知的財産権申し出がたまるとアマゾンアカウント停止も

知的財産系の申し出が立て続けにいただいたことがありました。

その際になんと!Amazonのアカウントを一時停止されたことがありました。

あまりアカウント停止になった事例は聞かないですが、僕がその一人です笑

皆さんにはそのような事態にならないように、事前に対応していきましょう。

 

amazon(アマゾン)で知的財産権を侵害した場合の謝罪文

実際に私がやり取りした具体的な対応方法はメルマガ読者限定特典です。

是非下記のバナーをクリックして受け取ってください。

これで申し立てを解除できました。

是非参考にしてみてください。

 

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください