転売における商標権侵害・・・気をつけなければ・・



torokuword1メールアドレス

どうも、土山です。

 

Amazonからのパフォーマンス通知が入ってくると

いまだにドキッとしますね。

赤旗ですよ赤旗、、

心臓に悪いことこの上ないです(笑)

 

特にアカウントについてのお知らせだけは

頂きたくないものですね!

 

 

商標権の侵害

先日もご相談をいただいたのですが、

出品用アカウントについてのお知らせと銘打って

商標権についての警告が入ったそうです。

 

このたび出品者様の商品について、

以下の権利者より商標権を侵害しているとの申立てがありました。

Amazon.co.jpでは、出品者が商標権を侵害する商品を出品したり、

商品詳細ページを作成したりすることは認められていません。

中略

この商品の出品を再開するには、

権利者からの申し立ての取り下げが必要になります。

 

商標権の侵害、権利者など仰々しい文言があるので、

ご本人も慌ててご相談くださったわけです。

今回のケースの場合、

商品は正規のルート

?(メーカー→卸業者→二次卸業者→小売業者→出品者

での仕入商品とのことでした。

 

?(メーカー→卸業者→二次卸業者→出品者

こういった場合は、商品の仕入先及び

Amazon出品店舗名を申し出人に開示することで、

上記のような申し出は取り下げていただける場合が多いです。

また、申し出の引き金になるのが、

値崩れが発端になる場合が多いので、

販売価格の是正も必要になるかと思います。

あくまで参考としてください。

 

?のケースの場合はほぼできません。

それに関してはあきらめて違う商品を

狙いましょう。

 

ともかく、商標権の侵害というのは、

知らなかったでは済まされない問題です。

商売に携わる者でしたら、

最低限知っておきたいことの1つです。

ちなみに

商標権を侵害するとどんな罰則があるのでしょうか?

商標権を侵害した者には

、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金

又はこれらが併せて科されます。(商標法78条)

また、法人の代表者、従業者がその業務に関し、

侵害行為をした場合には、その行為者が罰される外、

法人にも3億円以下の罰金刑が科されます。(商標法82条)

侵害行為に該当してなくても侵害の予備的行為に該当する場合や、

商標登録されていないのに登録がされているかのような

虚偽の表示をすることも犯罪になります。(商標法78条の2、商標法80条)

 

私たちができる予防策としては、

仕入先に会社名、店舗名、販路などを開示し、

了承を得ること。

ただ、それが難しい場合は、

せめて仕入れの際の納品書および請求書

きちんと取っておくことです。

当たり前のことですが、まずはそこからクリアしていきましょう!

 

質問はLINE@まで


相談等はどんなものでも受け付けます。

LINE@にいただければ1日以内に返します。


PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆




物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、

YouTubeにアップロードしています。

リサーチ動画もありますので、

チャンネル登録して復習に利用してくださいね。


本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。

これだけしていただければ独立していただくだけの収益は

あげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です