海外Amazonの発送方法と送料の計算方法

今回は海外Amazonで購入する際の発送方法と送料の計算方法について解説していきます。

発送方法は2パターン

海外のAmazonで購入した際に自分のもとに商品を届けてもらう方法は下記の2パターンです。

  1. 海外のAmazonからダイレクトに商品を届けてもらう方法
  2. 転送会社を使ってまとめて商品を送ってもらう方法

Amazonは本当に素晴らしいシステムでして、海外のAmazonでも日本に直接送ってくれます。

その際に輸入税(関税や消費税)をあらかじめ合わせた金額を決済するのでそこから追加で請求されることはありません。

非常に便利ですよね。個数が少なかったり、重量が重たい場合は転送会社を使うより安いかもしれないです。

2つ目は転送会社を使用する方法です。まとめて送って1つ当たりの送料を抑える方法ですね。また「AmazonGlobal Priority Shipping」に対応していないセラーから購入する、または海外のネットショップから仕入する際には転送会社を使用することになります。

今回は1の直送についてみていきます。

送料の計算方法は?

海外Amazonからの送料についてですが、ヘルプページがありますのでそちらで確認することができます。

日本までの送料について(英語ですので翻訳して読んでみてください)

発送のスピードによってベースとなる送料が決まっていて、そこからアイテム数によってさらに送料が課金されるシステムです。

Standard Shipping(通常輸送)

Expedited Shipping(迅速な出荷)

Priority Courier Shipping(優先宅配便発送)

送料がかなり変わってくるのでスタンダードで良いかと思います。

到着日時はあくまで目安で、Standard Shippingでも記載よりも到着するのが早いのであまりにも早くて驚いた記憶があります。笑

Pay in JPY with 1-Clickで買ってはいけない

海外のAmazonで購入する際に、ワンクリックで購入できる「Pay in JPY with 1-Click」は使用しない方がいいです。

「17,739円」で購入できるように記載されていますが、実際には輸入税関係で購入価格が上がってしまいます。

これだけ変わってしまうので注意が必要ですね。

購入される際は注文ページをしっかりと確認してから注文確定するようにしてください。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください