WP Multibyte Patchとは?使い方とプラグイン設定方法

WP Multibyte Patchの設定方法

今回は導入すべきプラグインの一つであるWP Multibyte Patchについて解説していきます。こちらのプラグインは日本語版をインストールしたときからデフォルトで備わっているものです。

とりあえずは有効化しておけばいいのですが、いや少し気になる!という方向けに説明します。自分も最初はとりあえず有効化だけ行っていたのですが、気になりだして気持ち悪かったので調べてみました笑

WP Multibyte Patchとは?

WordPressは元々英語圏で作られたものですので、日本語で編集すると不具合が出やすいようです。そんなときに「WP Multibyte Patch」を有効化することで、そのような不具合を出にくくしてくれるという訳です。

英語はアルファベットを使用しますので、元々シングルバイトです。一方で日本語などの全角文字はマルチバイトと言います。このようにバイトが違うとバグが発生しやすくなります。

日本語圏で正しく動作させるためにも、このプラグインは必須ですので、何も対策していない人はこちらのプラグインを有効化し、対策してください。

対策と言っても、設定で特に必要ありませんので、ワンクリックで完了します。

 

WP Multibyte Patchの有効化

 

導入のメリット

WP Multibyte Patchを有効化することで以下の対応をバッググランドで行ってくれます。

  • 投稿抜粋
  • 文字列カウント方式の設定
  • 検索
  • メール送信
  • トラックバック受信
  • ピンバック受信
  • ファイル名サニタイズ
  • フィード XML サニタイズ
  • テーマの WEB フォント無効化機能
  • 管理パネル

などがあります。こちらの一部をご紹介させていただきますね。

 

投稿抜粋

新しく記事を投稿した際に、以下の画像のように文章の一部が抜粋されます。

 

記事の抜粋文

 

この際に日本語だとうまくスペース区切りが見つからず、適切に短縮してくれない場合があります。このような問題を修正してくれます。

 

文字列カウント方式の設定

ワードプレスの記事を作成する際に、左下に文字数が表示されています。バイト数の違いからこちらでも不具合が生じる可能性があるようで、正しく修正をかけてくれます。

 

WP multibyte Patchの文字カウント修正

 

検索

検索する際に、全角のスペースが認識されないことを修正してくれる機能です。あとスペースが重複している際も、修正してくれて、適切な検索をしてくれます。

 

メール送信

メール送信する際にエンコードを選択する機能です。WordPressではエンコードは基本的にUTF-8で送信されます。携帯ではJIS(ISO-2022-JP)が使用されていることが多いので、文字化けしてしまいます。その文字化けを防いでくれる機能です。

 

ファイル名サニタイズ

マルチバイトで記載されたファイル名のデータを自動的に変換して、適切に処理を行ってくれるものです。

 

まとめ

英語圏(シングルバイト)で作られたWordPressと日本語(マルチバイト)で記載する際に、起こりえる不具合をWP Multibyte Patchを有効化することによって自動的に修正してくれるということです。

まだ有効化していない人はすぐに有効化してみてくださいね。

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!
PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数


期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆


物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。これだけしていただければ独立していただくだけの収益はあげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です