海外メーカーの輸入代理店になるには

今回は海外メーカーの輸入代理店になるためのポイントを解説していきます。

平行輸入ではなく正規ルートでの仕入

最初は平行輸入品を販売して感覚を掴まないといけませんがしばらくしたら正規ルート仕入に切り替えてもらったほうが良いです。

流通経路によって平行輸入と正規輸入の違いをこちらで解説していますので、併せて確認してみてください。

正規輸入品と並行輸入品の違いを理解する

正規販売店と正規代理店の違い

混同しやすい部分が正規販売店と正規代理店です。正規販売店というのは正規ルートでメーカーより仕入した商品を販売することを言います。

正規代理店は、メーカーより販売代理権を与えられて商品を販売することを言います。

代理兼には販売だけではなく営業活動なども含まれているので、パートナーとして日本の市場で販売を任されることをいいます。

さらに独占販売権を取ることができたら、その国において独占的に販売する権利を与えられて販売することができます。

独占販売権と言っても1社だけでなく2社と契約しているところも増えているらしいです。

輸入総代理店とは?

輸入総代理店というのは、「正規代理店+独占販売権」が合わさったようなイメージです。代理権も付与されるので、日本においてはメーカーとして営業活動を行えるようになります。

具体的な年間の販売計画や個数などをすり合わせて契約するものです。

輸入総代理店として行動できるようになったら積極的に卸業者に卸販売の依頼もしていくことができるようになります。

販売個数がありますのでノルマがあるのが、少し頭を悩まされますね、、

輸入代理店になるための手順

とにかく正規代理店になればいいという事ではありません。やはり大前提として「売れている商品」を扱わなければいけません。

最初の段階では日本のAmazonとアメリカのAmazonの比較を行ったうえで、下記のポイントをチェックしてください。

  • 平行輸入品しか出品されていない
  • 出品の住所が海外の住所
  • 商品説明文が英語のみ

このあたりは狙いどころです。

さらにはあまり知られていないニッチなメーカーであったり、小規模なメーカーを狙っていくと確度は高くなります。

大手企業の商品をどうしても扱いたい!というときは代理店ではなく、卸取引が可能かヒアリングしてみるのもいいかもしれません。

卸取引をしてくれる代理店に繋いでもらったり、日本の代理店に繋いでもらったりしてもらえることもあるようですので、トライしてみる価値はありますね。

海外見本市に参加してみる

日本でも展示会が行われているように、海外見本市等に足を運んでみることをお勧めします。

展示会に出展している企業は取引に前向きなところが多いです。日本の展示会に参加するのと同様に、事前に取引したい企業をリストアップして交渉していきましょう。

日本に代理店があるかどうか、日本で総代理をさせてほしいかをヒアリングしていくことを行ってみてください。

同じメーカーでも商品毎に販売権が割り振りされているものもありますので、この商品は日本に代理店がある、この商品はまだ契約していないなどもありますので、一度断られても諦めずにトライすることが重要です。

縛られずに自分らしく生きる!Orivista講座

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちらをクリック!↓↓↓

友だち追加数

期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆

物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください