せどり(物販)で事業融資を満額受けるための事業計画と対策

せどり(物販)で事業融資を満額受けるための事業計画と対策

今回は融資を受けた時の話を書いていきます。

本来であればコミュニティー内だけのお話をしている案件ですが、グーグルで検索をかけた時に有益な情報がなかったので、何かの役に立てればと思い、投稿していきます。

私の経験からお伝えすると、過去に1790万円融資を受けた実績があります。

今もじっくり返済しながら運転資金として、運用させてもらっています。

実際に借入している実績もありますが、あくまで自分の経験と知識に基づいて書きますので、100%正しいことはありませんので、そちらはご了承ください。

それでは綴っていきます。

 

なぜ融資を受けるのか?

まずなぜ融資を受ける必要があるのか?という疑問が湧いていくると思います。

自分の手持ち資金が十分にあれば、借入する必要はありません。

ただ私たちのビジネスでしっかりと結果を残していくためには、できるだけ大きな金額を動かして利益を取っていくというものです。

やはり自分の手持ち資金だけだと天井を迎える人もかなりいると思いますので、金融業界を利用させていただきます。

 

それを踏まえて「なぜ融資を受けるのか」という答えとしては、大きく分けて3つあります。

  1. 他のビジネスモデルよりも利益率が低いこと
  2. 在庫を持たないといけない
  3. アカウント停止になってしまった時に倒産予防のため

 

1.他のビジネスモデルよりも利益率が低いこと

物販はやはり資金を多く回せた方が利益率を多少落としても、利益の絶対額が多くなるので、トータルで残る利益は大きくなります。

コンサルティング業などは85%ぐらいの利益率だとは思いますが、せどりという物販スタイルは、よくて利益率20%、15%ぐらいが平均ぐらいだと思います。

この15%という数字は実は同じ小売業というくくりでは結構利益率は高い方です。

実際に融資担当者と面談した際には、「そんなに利益率高いんですね!」と驚かれていました。

ただ個人でせどりに取り組まれている方が大半ですので、最初から潤沢に資金がある方っていうのは少ないと思います。

最初はスピートアップのために資金を金融機関から集めるのも一つの方法です。

 

2.在庫を持たないといけない

物販は在庫を持たないと販売できません。

売上をあげようと思ったら在庫を多く持たないといけないですし、売れ残ってしまったら不良在庫になってしまいますし、諸刃の刃です。

ただ商品を仕入ないと販売自体ができないので、仕入ないといけません。

在庫を持つビジネスはどれだけ資産と呼ばれる在庫を効率よく販売して回収するかですので、運転資金としてどんどん運用しなければいけません。

 

3.アカウント停止になってしまった時に倒産予防のため

アカウントが停止になった際に一番困ることが、営業停止になってしまうので、しばらく売上が立たないようになってしまいます。

その際に手持ちの資金がないと、クレジットで仕入をしている際に、支払い額に対して、ショートしてしまう場合もあります。

私もアカウント一時停止処分をくらったことがありますので、その際に対応に追われた記憶があります。

やはり一番危険なことはキャッシュがなくなってしまうことなので、少し余裕を持って資金を準備している方がいいです。

 

借入はいい借金です!

借金にはいい借金と悪い借金があります。

大半の人は、借金と聞くと良くないものと認識されていますが、お金を増やすためにする借金はいい借金と言えます。

日本教育では「借金は悪いもの」という刷り込みされるにもかかわらず、明らかにお金の使い方が間違っているのですが、平気で車や住宅のローンを組んで借金します。

お金を生み出さない固定資産のために契約した借入は悪い借入です。

このお話を踏まえた上で、事業に投資していく資金というのは、将来のためのものですので、しっかりと運用して、利益を出していきましょう。

 

融資を申請する金融機関

  1. メガバンク
  2. 上位地方銀行
  3. その他地方銀行・信金・信組?
  4. 政府系金融機関
  5. 信用保証協会

 

メガバンクと呼ばれる銀行は個人事業主や超零細企業と呼ばれる会社には貸付してくれないものです。

もうすでに政府系金融機関とつながりを持っている人は、信用金庫であったり、地方銀行との付き合いを深めていく方が有利になります。

 

日本政策金融公庫を推薦する理由

信用金庫であったり地方銀行と付き合いがまだない場合や、初めて融資を受けたいと考えている方は、日本政策金融公庫から融資を受けることをおすすめします。

そのメリットとしては

  1. 創業時に借りやすい
  2. 金利が低い

ということです。

日本政策金融公庫は政府系の金融機関ですので、創業にかなり力を入れてくれます。

国の方針をそのまま反映してくるので、話も早いです。

私は最初、税理士先生の紹介で、日本政策金融公庫の方をご紹介していただき、一回三十分ほど面談しただけで通過しました。

その時には実績がすでにあったので、話が早かったのですが、このように紹介してもらったりすると、スムーズにいきますね。

それでは実際、僕の事例を踏まえて、具体的に説明していきますね。

 

せどり転売で融資1790万円引き出す方法と意味

事業を行う上で、とても大切なファクターであるお金。

なかなかせどりや転売を事業として考えられていないので、そのような方法を取る方はすくないかもしれないです。

ただ上記でも書きましたが、事業を行う上で借金をするということは悪ではありません。

事業を加速度的に且つ安定的に築いていくにはものすごく大切なことです。

 

融資を実行してもらった金融機関

弊社では

  1. 地方銀行・信金・信組
  2. 政府系金融機関
  3. 信用保証協会
  4. Amazonレンディング

こちらから融資を受けており、全て請金額の満額を実行してもらいました。

まず1と2ですが、まず私は信金の担当者に融資の相談をしました。

というよりも営業してもらったのですが笑

結構いいタイミングだったので、借りれるうちに借りておこうと思い、申請をしました。

その際、いわゆるプロパー融資ではなく、3の信用保証協会の保証付融資というものでした。

プロパーのほうが融資の金利は低いのですが、信金に申請をするのは初めてだったので、信用保証協会の融資を受けることにしました。

こちらでは750万円申請して、

満額で実行してもらいました。

 

後2の政府系金融機関ですが、日本政策金融公庫から500万円融資をいただきました。

いわゆる国金は個人事業主の時に300万円満額で融資をいただいており、借り換えという手法で200万円オンしてもらって実行してもらいました。

 

あと4のAmazonレンディングですが、

こちらの記事「Amazon(アマゾン) レンディングという融資の審査基準・金利と仕組み

にも書いたのですが、Amazonから540万円借りました。

これは法人且つある一定の基準をクリアしているストアに提案がある案件です。

自分はマックス6か月でしたので、超短期間ですが、これも実績作りということで余裕資金として借入しました。

 

融資の申請する際、面談などの注意点

4は関係ありませんでしたが、金融機関に融資の申し込みをする際には、必ず面談があります。

その際に気をつけなければいけないことは、

1.明確に数字を出せているか

2.その数字の整合性がとれるか

3.3か年以上の経営成績の予測が立てられているか

4.うそはつかない

5.しゃべりすぎない

というところでしょうか。

意外と5は大切で聞かれたことに対して、的確に回答できるかということは非常に大切です。

あまり話すぎるとぼろが出てしまうので、そのあたりは気を付けましょう。

後気になるところはおそらく、せどりとか転売とか説明するときに言いますか?とよく質問受けるのですが、自分は遠回しにビジネスモデルは伝えています。

複数あるプラットフォームで販売されているところ仕入をして、あるプラットフォームで販売していますという感じですね。

ここはできるだけ綺麗な感じで伝えたほうがいいです。

結局のところ、貸した相手が返せるかどうかが一番問題なので、実績と予測をちゃんと出せれば正直簡単です。

 

あと以前取締役で入っていた会社の時も、自分が収支予測等詰めてアドバイスしたら、会社設立1か月の時に満額1000万借りれたので、金融機関に勤めたことがないので、明確にこれがあれば実行してもらえるというのはありませんが、経験則的にはおそらくこうやればうまくいくということは分かります。

 

運転資金に困っている方は相談してもらえたら、お手伝いできることもあるので、いつでも連絡ください。

私の指導で融資を受けられたコンサル生が多数いらっしゃいます。

コンサル生が融資300万実行されました

コンサル生が融資500万実行されました

こちらの記事をご参考にしてください。

 

メルマガ登録者限定で

事業計画書のフォーマットをプレゼントします!

 

助成金についてはこちら!

質問はLINE@まで


相談等はLINE@に!
PCの方はIDを検索してください!

ID: @k.tsuchiyama

スマホの方はこちら↓↓↓

友だち追加数


期間限定で実際に使用した外注マニュアルをプレゼントします☆


物販ビジネス・情報発信ビジネスに関しての動画を、YouTubeにアップロードしています。リサーチ動画もありますので、チャンネル登録して復習に利用してくださいね。

本気で稼ぐ!初心者講座

大きく稼いでいくためには基本が一番重要になってきます。これだけしていただければ独立していただくだけの収益はあげることができます。

メルマガでは動画70本以上・PDF500枚以上のコンテンツをご準備しています。

メルマガ無料講座受講はこちら

torokuword1メールアドレス



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です